赤いナースコール

赤いナースコール第1話のあらすじネタバレ!考察感想と次回予想

akaina-suko-rudai1wanoarasuzinetabare!kansoutozikaiyosou赤いナースコール

2022年7月11日(月)23:06~スタートの「赤いナースコール」。企画・原作秋元康が手掛ける”史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンス”という事で、期待大ですよね!

 

「赤いナースコール」第1話のあらすじネタバレ、感想考察と第2回の予想をまとめます。

 

赤いナースコール第1話のあらすじ

赤いナースコール第1話のあらすじです。

春野翔太郎(佐藤勝利)は、恋人の三森アリサ(福本莉子)の両親に挨拶をするため、彼女と共に車で実家へ向かっていた。
だがその最中に事故を起こしてしまう。とある病院で目を覚ました翔太郎はアリサがいないことに気づくが、担当医らは何故か言葉を濁して2人を会わせようとしない。

やがて翔太郎は、この病院が異様な雰囲気を纏っていることに気づく。さらにアリサの病棟に忍び込んだ翔太郎に、とある出来事が降りかかる。

 

赤いナースコール第1話のネタバレ

赤いナースコールを実際に見た、第1話のネタバレです。

物語の始まりは彼女の両親に結婚の挨拶をするために車に乗る翔太郎、アリサの二人の姿から始まります。

いかにも何かが起きそうだなぁーと想像させるような道を走る二人の車。予想通り車は事故に遭い、翔太郎とアリサは大怪我をして意識を失うのです。

 

ここから舞台は目を覚ました翔太郎の病院の一室に変わります。同室の患者さんたちが見るからに怪しい人達‥というわけではなく、意外と気さくでそこにホラー感は感じられなかったがそれぞれの人になにかしらの背景があるようには見えます。

 

患者さんたちがそれぞれ行っているのは「競馬新聞を熟読」「パソコンで般若心経を打ち込む」「小学生のドリルを解く」「窓の外を見つめる」ことと、様々です。

 

医者とナースの方では、明らかになにかしらを隠してる雰囲気で、不気味な様子です‥。自分のスマホがないことに気がついて、ナースコールを押そうとした翔太郎に対して、急に同室者のみんなが「押すんですか…?」とためらう様子を見せます。

 

ナースコールを押してみた翔太郎ですが、特に何も起こることはありませんでした。ちょっと肩透かしを食らったような感じです。

 

一方婚約者・アリサも個室に入院し、翔太郎を心配していますが、自分は顔の半分に大けがを負ってしまっており、主治医も看護師も合うことを勧めません。会いたいけれど会えないアリサ。

 

翔太郎も、運転していたアリサのことが心配で、彼女に会わせて欲しいと何度もお願いするも、病院側は全然会わせてくれません。

 

そんな翔太郎を助けてくれたのは、滝中さん。滝中さんはヘルニアで入院中。とっくに良くなっているのに、なかなか退院させてもらえないとぼやいていたのですが、退院の目途がついたのです。

滝中さんの情報と助けがあって、翔太郎はある夜アリサがいるはずの階にコッソリ行くことになりますが‥車椅子を滝中さんに押してもらいながら進むうち、医師と看護師が「筋弛緩剤」「死ぬ」などと口にしているのを耳にします。

 

そんな翔太郎は突然頭を殴られて、気絶してしまいます。意識を取り戻したのは自分のベッドの上で、異様な悪夢を見て目が覚めたのです。

「いったい何がどうなった!?」と焦りながらも一緒に行った滝中さんの姿がないことに気付きナースに聞くと「退院されましたよー」と。「そんなわけない」と疑う翔太郎のもとに事故の関連で色々調べている刑事が入ってききます。

 

「あなたのスマホはどこですか?かけてもいいですか?」と言われ、かけてもらうと自分のベッドの下から着信音が‥。刑事がベッド下をのぞくと鳴り続けるスマホを握る手を見つけ、腕を引っ張り引きずり出します。

 

ベッドの下から出てきたのは退院したと言われていた滝中さんでした。しかも上半身だけになった彼の手には何故か男性のスマホが握られていたのです。

 

どんな風にこの先進んでいくか楽しみです。タイトル回収や会えない彼女の真相が明らかになっていくのを見るのが待ちきれません!

赤いナースコール第2話のあらすじとネタバレ!感想考察と次回予測も

赤いナースコール第1話の感想考察

赤いナースコール放送後の感想と次回考察です。

50代男性
50代男性

冒頭から主演2人の乗った車の前に動物が飛び出し時はドラマと言えど本当にドキッとしたのですが何事もなく終わりホッとしていました。

 

ところがその直後にその車が事故を起こしてしまい2人とも入院へという展開には初回の冒頭から何てインパクトのあるシーンの連続なんだろうと大変驚きました。包帯姿の痛々しい2人を見ていると改めて事故は怖いと思いましたし、あのようにならない為にもとにかく日頃から事故には気を付けようと思いました。

 

21才の新人看護師とはいったいどんな女性なんだろうかと登場シーンをドキドキしながら待っていたのですが浅田美代子さんが登場した時には思わず噴き出してしまいました。

30代女性
30代女性

予告編を見た時から怖そうなドラマだなとは思っていましたが、ビビりながらも気になっていたので見たところ、やっぱり怖かったです。

 

同じ病室にいた他の患者たちがどうしてナースコールを押すことを良くないことのように言っていたのか、恋人の名前が書いてあった部屋にどうして老人が寝ていて本人の姿がなかったのかなど、謎がたくさんあり続きが気になるので怖いけど次回も見たいです。

 

また、佐藤勝利さんの今まで見たことのない表情が見られるのも新鮮でした。

 

20代の看護師、浅田美代子さんなどツッコミどころも満載の「赤いナースコール」。次回も楽しみですね。

 

赤いナースコール第2話の予想!

赤いナースコール第2話を予告から予想してみました!

 

「赤いナースコール」第2話では、下半身を失った滝中さんがどうして殺害されたのか、なぜ上半身だけだったのか、描かれていくと思われます!

 

翔太郎は相変わらずアリサに会えないままなのか、いったいなぜアリサは隔離されているのか、少しずつ明らかになっていくのでしょうか。

 

予告を見ると、翔太郎が滝中さん殺人犯として疑われていくのかもしれません。さらに、それほど二人が会えない理由とは何でしょうか?「声を聞くと辛くなる」というドクターの一言がヒントかな??と感じたのですが…。第2話も楽しみですね!

「赤いナースコール」主題歌みゆなの「凝視」歌詞考察!「翔太朗とアリサはバッドエンドか」

 

コメント