赤いナースコール

「赤いナースコール」第12話(最終回)のネタバレあらすじと感想「真犯人は榎木田院長?」

「akaina-suko-ru」 dai12wa(saishuukai) netabarearasuzitokansou 「byouingamoeteakakunaru!?」赤いナースコール

「赤いナースコール」第12話(最終回)は9月26日放送されます。第11話ではチャイコフスキー犯が判明!!病院に潜むもう一人の犯人とは?!榎木田院長が翔太朗を狙っていると考えられますが、ラストはいったいどうなるのでしょう。

 

「赤いナースコール」第12話のあらすじネタバレ、感想をまとめます。

「赤いナースコール」第11話のネタバレあらすじと感想考察「患者たちの共通点!」

赤いナースコール第12話のあらすじ

「赤いナースコール」第12話のあらすじです。

チャイコフスキー犯は医者の石原祐二(板尾創路)だった。なぜ殺害を?だがもう1人の殺人鬼がまだ潜んでいるはず。そして病院長・榎木田誠(鹿賀丈史)から出た復讐の意味とは?最後の患者となった春野翔太朗(佐藤勝利)が危ないと、三森アリサ(福本莉子)は病室に向かうが、その途中で停電が発生。院内を最後にして最大のパニックが襲う。翔太朗に忍び寄る犯人の影…最後に生き残るのは誰なのか!?“呪われた病院”の真相がついに今夜明らかに!

引用元:「赤いナースコール」公式HP

「赤いナースコール」第12話では、いよいよ翔太朗に危機が迫ります。榎木田院長が真犯人のような予告ですが、ラスト5分の衝撃とはいったい何でしょうか!

 

最終的に病院が燃えて赤くなり、犯人の榎木田院長も死亡するというラストだと予想しています。

赤いナースコール第12話のネタバレ

「赤いナースコール」第12話のネタバレは放送終了後に追記します。もうしばらくお待ちください。

赤いナースコール第12話の感想考察

「赤いナースコール」第12話の感想、考察は放送終了後に追記します。もうしばらくお待ちください。

 

 

 

コメント