アトムの童

「アトムの童」全話のあらすじネタバレと原作、最終回の結末予想!「那由他は再び一人に…」

yamazakikentoshuen! nitiyougekijou「atomunodou」 zenwanoarasuzinetabare gensaku,saishuukainoketumatuyosou! 「nayutahaアトムの童

今回は2022年10月スタートの秋ドラマの日曜劇場「アトムの童」の主演は山崎賢人さんで、若き素性不明の天才ゲーム開発者・安積那由他(あづみ・なゆた)を演じています。若きゲーム開発者と経営者たちが大資本の企業に挑む完全オリジナルストーリーです。

 

「アトムの童(こ)」の全話のあらすじネタバレと原作、最終回の結末予想をまとめていきます。

「アトムの童」のあらすじ「世捨て人の天才ゲーム開発者」

「アトムの童」のあらすじをまとめます。

 

 

「アトムの童」の舞台は現代のゲーム業界です。山﨑賢人さんが演じる那由他は、大手企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれる若き天才ゲーム開発者です。

 

「ジョン・ドゥ」という名前で活動し、誰もその素顔を知らないことから「ゲーム業界のバンクシー」と称されていましたが、ある事件をきっかけにゲーム開発から離れ、静かに暮らしていました。

 

その一方で、ある会社が彼を探していました。その会社とは、老舗玩具メーカー「アトム」。

 

海外との価格競争などの影響で、廃業の危機を迎えていた「アトム」は一発逆転の経営再建のために、新業態として「ゲーム制作」へ参入しようとしていました。

 

経営の舵を切る、資金もノウハウも持たないアトムは、藁にも縋る思いで「ゲーム業界のバンクシー」である那由他とコンタクトを取ろうと奔走しますが…。

「アトムの童」最終回までの全話あらすじネタバレ

「アトムの童」の最終回までのあらすじとネタバレを記載します。放送開始後随時記載していきます。

「アトムの童」見どころ

「アトムの童」の見どころは色々な逆境を仲間と一緒に立ち向かって成長していき大資本の会社と覇権の争いを繰り広げるところと思います。

 

また今作は、ゲームの世界を舞台にしているのでもしかしたら自分の世代のゲームの話やタイトルが出てくる可能性がありますのでそこにも非常に楽しみです。

 

そして、ゲームの知らなかった世界や専門用語など日常では聞かないお話を聞けるとても良い機会と思います。

「アトムの童」原作はなし!神森万里江さん脚本のオリジナル

「アトムの童」に原作はあるのでしょうか。結論から言うと、「アトムの童」に原作はありません。完全にオリジナルのストーリーとなります。

 

「アトムの童」の脚本は、神森万里江さんです。主な脚本は「この恋あたためますか」や「やんごとなき一族」など担当されています。

 

まだまだ担当された脚本は多くはないですが、今回有名な日曜劇場のメイン脚本に抜擢されていますので今回の作品もとても期待します。

 

また今回は完全オリジナルストーリーで原作などはありませんので最終回の予想がつきませんので色々な妄想が膨らみますね!

「アトムの童」の最終回結末予想「那由他は再び一人に…」

「アトムの童」の最終回の予想ですが、山崎さん演じる那由他と経営者たちの働きで新たなゲームを作り出しましたが邪険に思っている大資本の企業がメディアを買収し盗作疑惑を報じさせます。

 

そこで販売の中止の危機になり持株も大急落してしまいもうどうにもならない状況でみんな諦めてしましますが、山崎さん演じる那由他は諦めずゲーム内容を変更し別の物を作り出しました。

 

そのことは誰にも言わずにプレゼンの舞台で発表しどんでん返しを見せつけパクリ疑惑を打ち破り全国で販売を可能にし大ブームを巻き起こす新ジャンルのゲームを作り出して倒産しかけだった「アトム」を一大企業に上り詰めました。

 

役割を果たした山崎さん演じる那由他は急に仲間の周りからいなくなり、またひっそりと身を隠して暮らすようになりました。

 

いつも盛り上がる日曜劇場だけに、実際の最終回はどうなるのか、今から「アトムの童」の放送が待ちきれませんね。

コメント