純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第4話のあらすじネタバレと感想考察!「冴は碓井のおもちゃ」

「junaidhisonansu」dai4wa arasuzinetabaretokansoukousatu! 「saehausuinoomocha」純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第4話が8月4日に放送されます。第3話では、正樹の結婚相手が碓井だったことが判明し、視聴者に大きな衝撃を与えました。

 

「純愛ディソナンス」第4話のネタバレあらすじ、感想考察、次回予想をまとめます。

「純愛ディソナンス」第3話のネタバレあらすじと感想考察!「変貌した5年後の正樹」

純愛ディソナンス第4話のあらすじ「冴は碓井のおもちゃに」

「純愛ディソナンス」第4話のあらすじです。

冴(吉川愛)は、『美南彼方』の名で小説家として活躍している愛菜美(比嘉愛未)と再会を果たす。その愛菜美が、「私の夫」といって冴に紹介したのは、何と正樹(中島裕翔)だった。ショックを受けた冴は、シェアハウスに戻っても一睡もできないでいた。

あくる朝、冴と莉子(畑芽育)は、慎太郎(髙橋優斗)から、新たにシェアハウスの住人となる村上晴翔(藤原大祐)を紹介される。晴翔は、19歳のフリーターだった。

冴がアルバイトをしている『コアスパーク』では、セカンドパートナーを探すためのマッチングアプリ『セカプリ』の新規登録者獲得を目的に、イベント会社と組んでパーティーを企画していた。社長の路加(佐藤隆太)から意見を求められた冴は、相手がいるにも関わらず他の相手との出会いを求めること自体が理解できず、不倫を推奨するふしだらな場、などと発言する。すると路加は、冴の言葉を遮り、「自分の気持ちが満たされないとき、その心の隙間をパートナーだけじゃ埋められないことはよくある。その感情を否定する時代はもう終わった」と返す。

「純愛ディソナンス」公式HP

 

「純愛ディソナンス」のテーマのひとつともなっている”セカンドパートナー”ですが、冴がアルバイトをする「コアスパーク」がメインになって動いていることが発覚します。

 

冴と正樹がセカンドパートナーになる、というのは純粋な感情だけではない可能性も出てきましたね!碓井先生も予告で「いいおもちゃをっ見つけた」と言っており、それは冴と正樹の関係の事でしょう。ドロドロが加速する予感がします。

純愛ディソナンス第4話のネタバレ

「純愛ディソナンス」第4話のネタバレです。

碓井と正樹が蹴痕するまでの経緯が語られます。正樹が高校を辞めた後の勤務先で冴とのSNSのツーショット画像が知られたことからトラブルに発展し、警察沙汰に。出所した先に偶然を装い愛菜美が現れ、正樹は高校を辞めてからの経緯を打ち明けました。

 

そのまま去ろうとする正樹を愛菜美が引き止め、味方の意味を込め手を握り、気弱になった正樹は手を握り返し交際することになったのです。愛菜美の父の会社に口利きしてもらうことになり再就職先が決まり、その後結婚へと発展。

 

愛菜美は冴を新しい玩具と呼び、冴の小説を編集者に紹介したり、服を与えたりと味方のフリをして翻弄し始めます。路加社長はかつて苦渋を飲まされたモノリスエステートの社長が愛菜美の父ということ、正樹と冴の間に昔スキャンダルがあったことを知り、復讐のために冴と愛菜美を利用しようと思いつく。

 

仕事でのクレーム相手の弱みを握るため、セカンドパートナーを探すパーティーに潜入した正樹を偶然に見つけ、冴と逢わせようと休日出勤を命じ書類を届けさせます。

 

パーティーに参加するように言われた冴は意を決して中に入るが、参加者にしつこく付きまとわれているところを正樹が救いの手を差し伸べる。廊下で2人になり、冴から自分はあの時の延長でまだ終わっていないと言われ「あの時はどんな気持ちだったの?」と聞かれて言葉を詰まらせる正樹。

 

そこに路加社長が現れ、言いかけた正樹の言葉は消されてしまいます。冴が会場を出ると慎太郎が待っていて、足の痛い冴をおんぶすると言い出し躊躇するものの素直に従うことにしました。

 

冴は慎太郎からの告白の返事を真剣に考えると約束します。路加社長は愛菜美の行きつけのバーに現れ、正樹が先日パーティに参加し、冴と接触があったことを明かしてしました。

 

正樹が標的のクレーム相手がツーショットで外出したのを追いかけて証拠写真を撮っていると、チンピラに絡まれ腕の怪我で入院してしまいます。病院に正樹の勤務先のモノリスエステート社長が現れ、参考人を預っていることを先方にリークしたから知ってて奇襲されたと伝えられました。

 

愛菜美が病室に現れ、花を生けようと席を外した隙に路加社長に正樹が怪我を負ったと聞かされ、慌てて入院先に走って向かう冴だったが病室におらず探しまわることに。

 

屋上に正樹の姿を見つけ、自分を心配して駆け付けた冴の姿を見て、今までの心の支えが冴だったことに気づき、抑えきれない気持ちが溢れ正樹は思わず後ろから抱きしめてしまうのです。

第5話に続く。

「純愛ディソナンス」第5話のネタバレあらすじ、感想考察「愛菜美が正樹と冴を引き離したとバレて…」

純愛ディソナンス第4話の感想考察

「純愛ディソナンス」第4話の感想、考察です。

20代女性
20代女性

正樹さんの人生観があまりにも悲観的であると共に達観的でもあり、味気も何も無い無味乾燥な人生を歩んでいて楽しいのだろうかと疑問を抱かずにはいられなかったです。

 

もっとも、正樹さんの人格形成が常人のそれと異なる礎を築くことになったのは、紛れもない不条理極まりない境遇にほかならないため、何かと同情したくなりました。

 

一方、探ろうとしても腹の底がちっとも見えない碓井先生の思惑が何なのか気になって仕方がなかったです。

30代女性
30代女性

仕事ではとても冷徹な目をしている新田が結婚生活ではわりと穏やかな雰囲気なのが印象的でした。

 

また、教師を辞めてどん底の生活をしていた新田を救い出したのが愛菜美さんだということもわかり、きっと彼にとっては特別な存在なんだろうなと思いました。

 

演じている比嘉さんが以前とはまったく別人のようですが何を考えているのかわからないところは同じでぞっとします。

 

新田が信頼していた社長に裏切られた失望感が見ていてつらかったです。冴がまだ彼のことを引きずっていることがめちゃくちゃ伝わってきて切なくて仕方ありません。

50代女性
50代女性

冴はやっぱりあの日から時間が止まっていましたね。あの頃の正樹とは別人になっていて、しかも碓井愛菜美と結婚していて、でも変わらずに正樹を想い続けている冴の姿に胸が苦しくなりました。

 

愛菜美が何を企んでいるのか心配でたまりません。碓井社長に恨みを抱き続けている路加もまた企んでいますよね。

 

そんな企みに冴や正樹が巻き込まれていく展開になりそうで怖いです。やっぱり正樹には純粋で真っ直ぐに正樹を見てくれる冴が似合っていると思いました。

「純愛ディソナンス」第4話では、とうとう物語が動き始めた感じがありますよね!冴は正樹を想い続けており、正樹も自分の心を支えてくれていたのが冴だと気づいてしまった…。第5話が楽しみで仕方ありません!

純愛ディソナンス第5話の予想!

「純愛ディソナンス」第5話の予想です。

ついに正樹と冴が積極的に動き出してしまいましたね!予告を見て「結婚記念日を妻ではなく、冴と過ごすつもり!?」と思わず叫んでしまいました…。

 

愛菜美は愛菜美で、予測不可能な動きをしていそうですし、冴の毒母もついに登場してしまいました。第5話はついに登場人物が出そろった感があります。

 

次回もハラハラドキドキしながら冴と正樹、二人を取り巻く人物たちを見つめる事になりそうですよね!

 

コメント