純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第10話のネタバレあらすじと感想考察「絡み付く過去」

「junaidhisonansu」dai10wa netabarearasuzitokansoukousatu 「karamitukukako」純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第10話は9月15日放送されます。様々な人物の思惑が絡み合いさらに泥沼化。そこへ再び過去の関係も相まって…。

 

「純愛ディソナンス」第10話のあらすじネタバレ、感想考察をまとめます。

「純愛ディソナンス」第9話のネタバレあらすじと感想「ほころぶ関係」

純愛ディソナンス第10話のあらすじ

「純愛ディソナンス」第10話のあらすじです。

正樹(中島裕翔)のもとに、服役中の元同僚・加賀美(眞島秀和)から手紙が届いた。手紙には「すぐそばに禍が迫っている。過去からは、逃れられない」と書かれていた。加賀美と接見した正樹は、手紙の言葉の意味を尋ねた。加賀美はそれには答えず、愛菜美(比嘉愛未)との結婚や、現在、正樹が冴(吉川愛)と交際していることに触れ、「あの時、俺が言った通りになったな」と告げる。

一方、路加(佐藤隆太)は、『セカプリ』の顧客情報流出の責任をとり、代表の座を退くと発表する。冴は、行方がわからない木之本(清水伸)が関係しているのではないかと路加に告げる。だが路加は、「カリスマ社長をやるのも飽きてきた」などと言って出て行ってしまう。

『モノリスエステート』社長の賢治(光石研)は、路加の謝罪動画を見て喜んでいた。「これでもう私がこの会社にいる必要はないのでは?」と賢治に問う正樹。すると賢治は、「これが最後だ」といって正樹に書類を渡す。それは、正樹の父・秀雄(神保悟志)が理事長を務めていた学校法人『立秀学園』の土地の売買契約書だった。

アルバイトから戻った冴は、自室に静(富田靖子)がいることを知って驚く。だが、冴が部屋を出て行こうとすると、背後で突然、静が倒れた。冴は、静が搬送された病院で、彼女が3年前に胃がんの手術をしており、昨年再発したと聞かされる。

そんな中、賢治からの指示を受けた正樹は、5年ぶりに実家を訪れるが……。

引用元:「純愛ディソナンス」公式HP

 

「純愛ディソナンス」第10話では、長年訪れていなかった正樹の実家が標的にされてしまい過去と向き合わざるを得ない正樹。どんな展開が待っているのでしょうかーー?!

純愛ディソナンス第10話のネタバレ

「純愛ディソナンス」第10話のネタバレです。

手紙が届いたことで、正樹は加賀美と接見することに。加賀美は正樹が自分と同じになった、自分ではけじめがついていても、恨んでいる人間はいると突きつけるのでした。

 

路加の方は情報漏洩のため社長を退任することにします。マスコミから身を隠す路加は愛菜美のところに転がり込みます。彼を潰したことで、正樹は賢治のもとから離れようとしますが、最後の案件を手渡されます。その案件とは、父・秀雄が理事長をしていた「立秀学園」の土地売買でした。

 

一方、冴は、母・静が胃がんを再発していたことを知ります。正樹は5年ぶりに実家を訪れると、秀雄は認知症を患っていました。その後、冴の前に北都が現れます。賢治の前に連れて行かれた冴は、賢治に大金を渡されます。大金の代わりに正樹と分かれることが条件でした。

 

そして路加への次の一手、路加の会社を傘下に収めます。アカツキ荘に冴が戻ると、静がいました。もう母親のことを考えたくない冴はその場を飛び出していきます。

 

正樹の方は再び実家を訪れた帰りに父親との思い出を振り返っていました。後に2人は約束通り、花火をすることに。お互い自分たちの親のことを話します。最後には本心ではない別れを冴は切り出し、正樹のもとから去って行きます。

 

賢治の了承のもと、正樹は路加の会社の引継ぎをすることになります。北都は賢治に捨てられたと愛菜美に泣きつきますが、彼女は追い払ってしまいます。北都の仕事を引き継いだ正樹は、彼のパソコンを見て、自分と冴を恨んでいる人物がいることに気づきます。その名は「ハーミット」、誰なのか探り出そうと動き始めます。

 

そして、その人物は晴翔だと気づきます。晴翔は加賀美の息子だったのです。晴翔は冴を彼女の母校の屋上に連れて行きます。そこで晴翔は本性を現します。そして、驚きの事実を口にします。小坂を殺した犯人は晴翔だったのです。

「純愛ディソナンス」第11話(最終回)のネタバレあらすじと感想考察「運命の恋の結末」

純愛ディソナンス第10話の感想考察

「純愛ディソナンス」第10話の感想、考察です。

20代女性の感想

冴の母親も正樹の父親も病気で、職場にも問題があって・・・と奇しくも似たような境遇になっていて、心苦しくなってきました。

一見兄だけが大切で正樹を突き放すように見えた父親が正樹の横で正樹のことを想いながら話すシーンや、冴の母親が冴に病気のことを隠すよう晴翔に頼むシーンなど、毒親に見えて子どもを思いやる描写が見えて、胸が熱くなりました。

親が子を思う気持ちはかけがえないものであるとこのドラマで感じることになるとは思いませんでした笑

60代男性の感想

正樹が実家に帰ると父が、正樹を喜んで、受け入れたのが不思議だと思ったら、死んだ幸助と間違えるので、認知症になったのは、皮肉です。母は5年も帰って来なかった正樹に、恨みすら抱いているようです。追いかけてくる宿命や親子の鎖は断ち切れないと正樹思うのが悲しいです。

冴だけが正樹は悪くないと言うので、もう正樹には冴しか安住の地はないようです。しかし正樹は今更ながら、親不幸だったと冴に言います。すると、賢治が冴に500万円を静のガン治療に使ってというのが、怪しいと思ったら、正樹と縁を切れというのが嫌らしい場面です。

愛菜美が正樹を愛していると賢治がこだわりますが、冴が賢治の提案を受け入れたのは、正樹との保証のない恋より、静を選んだ悲しい選択だと思います。静が残り少ない人生を楽しもうと言っても、いつまでも静のことを考えたくない冴も、正樹と同様に家族の鎖につながれています。

冴は正樹に愛菜美は離婚届を出していないと言い、賢治から金を貰ったと言い、正樹が嘘だと言っても、冴は普通の恋をしたいと言って涙を流して去ったのは、正樹との恋は、やはり実らないと思ったようです。

一番の緊迫の場面は、加賀美が正樹を恨んでいる人がいるかも知れないと言うのが不気味でしたが、加賀美の息子が晴翔で、そこから情報が漏れて、晴翔は正樹と父が母を殺したようなものだと正樹を恨んでいたのは意外でした。

晴翔が冴を高校の屋上に連れて行き、冴が不倫をして、お気楽だといい、偽善者ぶった小坂にそっくりだと言います。晴翔が小坂を殺したのは驚きです。人間関係の鎖が呪いとなって、冴に降りかかり、冴が晴翔に殺されそうですが、正樹が救えるのか、見物です。

50代女性の感想

やっと幸せになれなると思った冴と正樹でしたが、やっぱり簡単じゃなかったですね。正樹と別れても静と過ごす時間を選んだ冴の気持ちを思うと胸が張り裂けそうになりました。

まさか加賀美の息子が晴翔だったとは、なぜ突然シェアハウスにやってきたのかずっと気になっていましたが、その謎が今日解けました。

何か大きな闇を抱えている様子だった晴翔が、こんなに深く冴や正樹を憎んでいたなんて、衝撃過ぎる10話のラストでした。

 

コメント