純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第8話のネタバレあらすじと感想考察「ついにふたりは結ばれる?」

「junaidhisonansu」dai8wa netabarearasuzitokansoukousatu 「tuinihutarihamusubareru?」純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第8話は9月1日放送されます。ついに離婚を決意した正樹ですが事態は思わぬ方向に…?!冴と正樹は結ばれるのでしょうか。それとも…展開が気になります。

 

「純愛ディソナンス」第8話のあらすじネタバレ、感想考察。相関図、キャストをまとめます。

「純愛ディソナンス」第7話のネタバレあらすじと感想考察!「路加の策略」

純愛ディソナンス第8話のあらすじ

「純愛ディソナンス」第8話のあらすじです。

愛菜美(比嘉愛未)との離婚を決意した正樹(中島裕翔)は、いまの自分にケリをつけて必ず迎えに行くから待っていてほしい、と冴(吉川愛)に告げる。「逃げるのはもうやめだ」という正樹の言葉を信じる冴。そこに、路加(佐藤隆太)から電話が入った。愛菜美が繁華街でひったくりに遭い、転倒した際に頭を打って病院に運ばれたという知らせだった。

正樹が病院へ向かうと、治療を受ける愛菜美の傍らには路加と警察官の姿があった。警察官によれば、愛菜美から連絡を受けて駆けつけた路加のおかげで、大事には至らなかったらしい。治療を終えた愛菜美がマネージャーに連絡するために席を外した際、正樹は、碓井家に復讐したいのなら勝手にすればいいが愛菜美を利用するな、と路加に忠告する。すると路加は、愛菜美を一番利用し、追い込んだのは正樹だ、と言い放つ。

シェアハウスに戻った冴は、慎太郎(髙橋優斗)に正樹のことが好きだと打ち明ける。「わかった」とだけ言い残してリビングから出て行く慎太郎。そこに現れた静(富田靖子)は、相手に依存してラクしているだけだと冴を非難する。「いまのあんたは、私からお父さんを奪った女と同じ」。静は冴にそう告げた。

正樹は、愛菜美を連れてマンションへ戻る。あくる朝、正樹が目を覚ますと、愛菜美が朝食の準備していた。そこで愛菜美は、もし正樹が必要としているのなら、冴をセカンドパートナーとして認めてもいい、と言い出し……。

参考元:「純愛ディソナンス」公式HP

「純愛ディソナンス」第8話では、愛菜美は離婚を受け入れるのか…?!セカンドパートナーとは…?!

純愛ディソナンス第8話のネタバレ

「純愛ディソナンス」第8話のネタバレです。

 

「今の自分にケリをつけたら必ず迎えに」と言う正樹を信じる冴でした。襲われケガをした愛菜美のところに駆けつける正樹を路加が咎めます。愛菜美を利用するなと言う正樹でしたが、路加も言い返します。

 

冴は自分の気持ちを正直に慎太郎に話します。そんな冴を見た母親の静は批判し、冴は母を批判します。自宅に戻った愛菜美は正樹に驚きの提案をします。何としても離婚を阻止したいのでした。

 

さらに愛菜美は路加に協力を求めますが、路加は愛菜美の心の闇を突きつけます。愛菜美も路加に復讐の道具として私を利用したと投げつけるのでした。とうとう賢治に辞表を提出する正樹。

 

北都のもとには謎の電話がかかってきます。愛菜美は賢治に離婚させないよう懇願します。もちろん、賢治は手を打っていたのです。離婚と辞表のどちらかを選ぶように正樹は迫られます。すると離婚届を選びます。

 

するとさらなる誓約書を出す賢治、愛菜美はそんな父に怒りをぶつけ、離婚届にサインをします。2人がその場を出て行くと、賢治は嬉しそうに「正樹を離すな、アイツを使って路加を潰す」と言い出したのです。

 

愛菜美と別れた正樹は新しい一歩を踏み出し、ピアノ教室の共同経営をすることになります。冴を呼び寄せ、2人は明るい未来に向けて動き出します。

 

2人がアカツキ荘に戻ると、待っていたのは静でした。批判しまくる静にストップをかけたのは晴翔の一言でした。そして冴は決断します。アカツキ荘を出て行くことを。

 

一方、愛菜美は精神的に追い詰められます。そして徐々に狂気を帯びて行きます。すると事件が発生!ピアノ教室に正樹に対する誹謗中傷が描かれていたのでした。直後に冴は、慎太郎がやったことだと分かってしまいます。慎太郎の狂気もそこまで来ていたのでした。

第9話へ続く。

「純愛ディソナンス」第9話のネタバレあらすじと感想「ほころぶ関係」

純愛ディソナンス第8話の感想考察

「純愛ディソナンス」第8話の感想、考察です。

20代女性
20代女性

今週も今週とて富田靖子さん・比嘉愛未さん・光石研さんの三者三様でベクトルの異なる狂気的な演技が際立っていました。

 

唯一の平穏だったシェアハウスにも三角関係ができてしまって少しずつ崩れてきているのが恐ろしいです・・・。ここだけはオアシスであれ・・・晴翔にも何か秘密があるようで、終盤にも関わらずまだ楽しみが残っていて、今期最も展開が読めず面白いドラマの1つです。

 

正樹を見ていると友人が言っていた「みんなに優しい人は結局誰も特別にできない」という言葉を思い出しました。

20代女性
20代女性

正直なところ、冴ちゃんに関しては身勝手極まりないと非難されたところで擁護する気も起きません。

 

高校の頃から何年間も自分のことを想い続けてくれた男の子の気持ちを平気で裏切れるような最低な女の子に同情する余地は一切ないと思いました。

 

裏切っておいて偉そうに説教なんて頭のネジが足りていない証拠にほかなりません。また、何が楽しくて自分から安定とは程遠い道を選んで歩こうとしていくのかサッパリ理解できません。

 

結局のところ、自分のことが一番で可愛くて仕方がないのは明らかです。

30代女性
30代女性

正樹と離婚をしたくない、とすがる愛菜美ですが、お父さんへのワインぶっかけはなかなか激しかったです。

 

裏切ってしまった正樹はひどいですが、愛菜美に対して「あの時助けられたのは本当だ」と真っすぐ言うところはずるいなと思いました。

 

ようやく冴と正樹が向き合えるようになってほっとしましたが、お母さんが言うように「妻や私との約束を破って冴だけは裏切らないって言えるの?」という言葉は確かにその通りだなと言う気もします。

 

2人が付き合うことでいろんな不幸が始まっていくところが残酷すぎて胸が痛いです…。

 

ついに冴と正樹が向き合うことになりましたが、かなりの代償が伴いましたね…。次回はさらにハードな展開が待っているのか、心臓が持ちません!

コメント