純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第6話のネタバレあらすじと感想考察「冴か愛菜美か?妻には勝てない?!」

「junaidhisonansu」dai6wa netabarearasuzitokansoukousatu saekaainamika? tumanihakatenai?!純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第6話は8月18日放送されます。正樹と冴、愛菜美、路加の更に泥沼化する関係に目が話せません!第5話で愛菜美の本性を知った冴はいったいどうするのでしょうか。

 

「純愛ディソナンス」第6話のあらすじネタバレ、感想考察。相関図、キャストをまとめます。

「純愛ディソナンス」第5話のネタバレあらすじ、感想考察「愛菜美が正樹と冴を引き離したとバレて…」

純愛ディソナンス第6話のあらすじ

「純愛ディソナンス」第6話のあらすじです。

5年前、正樹(中島裕翔)と冴(吉川愛)の盗撮写真をネットに拡散したことを認めた愛菜美(比嘉愛未)。愛菜美がこれまで優しくしてくれたのは自分をコントロールするためだったと知り、怒りを露にする。一方、正樹は、路加(佐藤隆太)とのコラボ企画『セカプリゾート』の記者発表の準備を進めていた。路加は、リゾート施設のリノベーションの完成を早めてほしいと正樹に依頼する。正樹は、プロジェクトを成功させるためにも路加のオーダーに応えようと動き出していた。そんな中、会社へ冴の母親の静(富田靖子)が来る。冴は静を外へ引っ張り出し、追い出そうとするが、まだ正樹に会っている冴のことが心配だったなどと言い出す。正樹と会う約束を取り付けた冴は、公園で彼に会い、ついに愛菜美のことを話す。 しかし、正樹から返ってきたのは意外な言葉で……。

 

参考元:「純愛ディソナンス」公式HP

 

「純愛ディソナンス」第6話では、愛菜美の本性を知った冴が正樹に打ち明ける。しかし正樹の返答は…。

純愛ディソナンス第6話のネタバレ

「純愛ディソナンス」第6話のネタバレです。

 

愛菜美は冴に、5年前の写真があったから正樹が今の生活があると言います。冴は、愛菜美が自分をコントロールしたいのか、もう結構ですと断ります。冴が正樹に会うと愛菜美が来てランチに誘います。

 

正樹から連絡があり、冴は5年前の写真を流したのは碓井先生だと言うと、碓井から聞いたと言います。愛菜美は正樹が冴と仲がいいのが嫌だったと謝ります。正樹は冴に、5年で全てを失ったが妻が傍にいてくれたと言い、もう会うのはやめようと言って去ります。

 

人生は選択ですが、結果は選んだ後にしか分からないと正樹は思うのです。愛菜美の兄である北都は愛菜美に「正樹は他に女がいても愛菜美の前では平然としている」と言います。愛菜美が正樹に「冴は判ってくれたか」と問うと、理解してくれたと答え、愛菜美には感謝していると言います。

 

冴は小説の原稿を書き、朝比に「過去へのけじめをつける」と言います。莉子は小説を正樹に読んで貰えと言います。一方、北都と愛菜美は冷めた目で賢治を見ていて、路加は正樹に家が貧乏で頑張って結婚して子供もいたが、借金でボロボロで、やっとここまで来たと言います。

 

正樹も、このプロジェクトに賭けていると言います。愛菜美はバーで会った路加に、何故、うちのような悪評がある会社に近づくのかと問うと、愛菜美がいるからだと答えます。プロジェクトのマスコミ発表の日、冴は正樹に会う約束をします。

 

ところが路加が同じプロジェクトを別の会社と発表し、正樹が驚きます。正樹は木之本からオネステイさんが好条件を出したと言い、路加から聞いていないのかと答えます。路加は愛菜美と会っていて、木之本は正樹に、愛菜美は全てを知っていたと言います。

 

愛菜美は正樹が全てを失うと戻って来るから自分が助ければいいだけと言います。路加が愛菜美にキスすると愛菜美は怒らず、路加が賢治に恨みがあると言い、自分を利用するつもりだったのだろうと言います。北都は正樹にうちを潰す気か、愛菜美も浮気を知っていると言います。

 

賢治は正樹に車、家、娘も上げたのに何をしてくれるのかと言います。正樹は何を選べば正解だったのか判らなくなります。一方、愛菜美は、冴に会いたいと正樹からの嘘メールを流したのです。正樹を待ってベンチにいると朝比が来て、冴は無視された、もう納得できたと言います。

 

朝比と帰る途中、正樹から電話が来ますが、冴は出ませんでした。

第7話に続く。

「純愛ディソナンス」第7話のネタバレあらすじと感想考察!「路加の策略」

純愛ディソナンス第6話の感想

「純愛ディソナンス」第6話の感想です。

 

40代女性
40代女性

愛菜美がとうとう本性を冴にあらわしましたね。
写真の件も開き直って、正樹には自分の都合のいいように言っています。
正樹はコロッとだまされましたね。
意外にもチョロい人で驚きました。
ここまで愛菜美が腹黒過ぎては冴ももはや打つ手がありませんね。
正樹への執着が異常に強くて怖いです。

その後、路加も正樹を裏切りました。
碓井に恨みがあるだけなのに、正樹はとんだとばっちりです。
路加も愛菜美の異常性に気がつきました。
もう関わらない方がいいですよね。

しかし、正樹も冴を選ばなかったことに後悔してももう遅いですよね。
このドラマでまともなのはシェアハウスの仲間ぐらいです。
次回がどうなるのか気になって仕方がありません。

50代女性
50代女性

冴の周りでは、愛菜美が変に画策していたり、その事を正樹は全く信じてくれないし、なんだか八方ふさがりな感じがして、いつになったら彼女の心からの笑顔が見れるのかと少しヤキモキしています。

 

そしてまた彼女の母親が強烈な感じで、冴を心配している様だけど辛らつな言葉を重ねる所にいつも嫌悪感を持っています。

 

しかし、正樹は愛菜美と仲の良い感じですが、本当の気持ちは深い所に沈めている気がして観ています。愛菜美の歪んだ行動がまた新たな波紋を呼びそうで怖いです。

20代女性
20代女性

ドロドロ要素の強い今作ですが、特に母親の毒親っぷりがもはや面白いです。このドラマに出ている人が皆互いに嘘をついているように思えてきました。

 

実際路加がモノリエステートに近づいた理由は碓井先生ではなく碓井社長への復讐ですし、その碓井社長も何を考えているかわからないし、正樹は結局妻が大事なのか冴が大事なのかわからないし・・・もう何か全部分からなくなりましたが、慎太郎の冴へのまっすぐな愛情だけは本当だと信じたいです。

 

今週ラストでは慎太郎と冴が結ばれそうな雰囲気でしたね。新田先生とは結ばれずに慎太郎と結ばれ、お互い大切な存在、とするのも1つの在り方かななどと思いました。

20代男性
20代男性

SNSに盗撮写真をアップしたと愛菜美が冴にバラしますが、彼女の究極の目的は何なのか?非常に気になります。

 

その後には彼女は盗撮写真の件で正樹に謝罪、また冴が問い詰めますが、正樹のその後の様子には複雑な思いでした。

 

実兄の北都に「正樹は浮気している」と伝えられると、兄に反発することを言う愛菜美でしたが、前回、路加に言っていたことと真逆なので、彼女の真意がとても気になります。

 

また気になるのは冴の実母である静です。路加の会社にひょっこりと冴を訪ねてきたり、アカツキ荘にこっそりと現れたりと、トラブルメーカーがまた現れたとの嫌悪とともに物語のキーパーソンの1人なのか?と裏読みしてしまいます。

 

路加がモノリスエステートを裏切る展開の裏には愛菜美がいたことには驚きでした。この物語の真のゲームメーカーは誰なのか?気にならずにはいられません。

純愛ディソナンス第7話の予想!

「純愛ディソナンス」第7話です。

 

第7話では、ついに正樹が妻に不信感を抱きます。かなり気づくのが遅いですよね(笑)。さらに路加との対立も新たな局面を迎え、協力者となる可能性が出てきました。

 

一方、冴はゴミ箱に捨てた小説を慎太郎が無断でコンクールに出すことに。この小説が入賞するのだと思いますが、内容は正樹に対する恋愛感情をドロッドロに書き尽くしたもので、さらなる波紋が生まれると予想しますよ!

 

コメント