エルピスー希望、あるいは災いー

「エルピスー希望、あるいは災いー」全話あらすじネタバレと最終回結末予想!「再び人気キャスターに!」

「erupisu-kibou,aruihawazawai-」zenwaarasuzinetabaretosaishuukaiketumatuyosou!「hutatabininkikyasuta-ni!」エルピスー希望、あるいは災いー

10月スタートの秋ドラマの「エルピスー希望、あるいは災いー」の主演は長澤まさみさんでスキャンダルによってエースの座から転落したアナウンサー・浅川恵那を演じます。死刑が確定した連続殺人事件の真相を追う社会派エンターテインメント作品です。

 

10月スタートの秋ドラマの「エルピスー希望、あるいは災いー」の全話ネタバレあらすじと最終回結末予想についてまとめていきます。

「エルピスー希望、あるいは災いー」あらすじ

「エルピスー希望、あるいは災いー」のあらすじです。

 

 

長澤演じる主人公の恵那は、大洋テレビのアナウンサーです。入社当初は、抜群の容姿と好感度の高さから「10年に一人の逸材」と持てはやされ、本人の報道志向もあり、ゴールデンタイムのニュース番組のサブキャスターを務めます。

 

ですが、次第に疲弊していき、徐々に人気に陰りが見え始めたところで、週刊誌に路上キス写真を撮影され、ニュース番組を降板します。

 

現在は、社内や視聴者から「落ちぶれた」と後ろ指をさされながら、制作者の墓場と揶揄される深夜の情報番組『フライデーボンボン』のコーナーMCを担当しています。

 

物語では、番組で見せる華やかなアナウンサーの表情とは異なる恵那が抱える葛藤・苦悩が随所で描かれていきます。アナウンサーとして前途洋々だった彼女が“自分の価値”を失い、変ぼうを遂げてしまった理由とは?

 

そして、拓朗から持ち掛けられたある連続殺人事件の真相を追う中で、彼女が再び見出す自分の価値とは?

「エルピスー希望、あるいは災い」最終回までの全話あらすじネタバレ

「エルピスー希望、あるいは災い」の最終回までのあらすじネタバレを記載します。放送開始後随時追記していきます。

「エルピスー希望、あるいは災い」の見どころ

「エルピスー希望、あるいは災い」の見どころを解説します。

 

今作の見どころは、連続殺人犯で死刑が確定してる犯人が実は冤罪の可能性があり真実を確かめるべく主人公達が真相に近づき、そして最後には真犯人がいるのかが見どころと思います。

 

また今回は自分の価値というのは主人公達に一人一人何なのかを見つけるために葛藤します。事件を追ううちに自分の価値に気づけるのかも見どころの一つと思います。

「エルピスー希望あるいは災いー」の脚本について「原作はなし!」

「エルピスー希望、あるいは災い」の脚本は渡辺あやさんです。代表作は「ジョゼと虎と魚たち」・「カーネーション」などがあります。また今回は原作などはございません。

 

「カーネーション」はもう約10年前の作品ですが当時かなり話題性があり人気があったので、よく聞くことがありました。今作はどういった雰囲気で物語が進むのか非常に楽しみです。

「エルピスー希望、あるいは災い」最終回予想「再び人気キャスターに!」

「エルピスー希望、あるいは災い」の最終回予想ですが、連続殺人事件の真相に近づき、実は真犯人は大物政治家の息子がした事件でした。このことが公になると自分の地位が全てなくなってしまうことを恐れ、別のものに濡れ衣をきせ警察も買収し計画は成功していました。

 

そのことを知った主人公達は公表しようと動きますが、テレビ局長も買収されており3人には汚名をつけ、クビにしようとしますが、実は裏でカメラを隠し撮りし生放送で全国に放送されていました。

 

もう隠しきれない状態になり冤罪で捕まった犯人は釈放され真犯人の息子・政治家本人も捕まりテレビ局長もクビになりました。そして主人公はまた人気に拍車がかかりますが今回の経験をへて報道キャスターとして歩むことになります。

 

コメント