トモダチゲームR4

トモダチゲームR4第6話のあらすじネタバレ!考察感想と次回予想「追放者は後田」

tomodatige-mur4dai6wa arasuzinetabaretokansou! 「tuihoushahaatota」トモダチゲームR4

「トモダチゲーム」の第6話は8/27に放送されました。大人のトモダチゲーム「友情の檻ゲーム」の中編です。今までのゲームよりもハイリスク・ハイリターンである大人のトモダチゲームはさらに疑心暗鬼が広がりハラハラする展開です。

 

「トモダチゲーム」第6話あらすじ・ネタバレ・感想まとめです。

トモダチゲームR4第5話のあらすじネタバレ!考察感想と次回予想「志法がついに…」

トモダチゲームR4第6話のあらすじ

5話に引き続き6話も「友情の檻ゲーム」です。2日目の朝ドミノの部屋に行くと1日目にみんなで並べたはずのドミノが倒されてしまっていました。

 

犯人探しが始まりますが、なかなか分からず、とりあえずもう一度ドミノを並べることにしました。

 

作業をしていると後田は適当に作業をし、布袋に注意を受けます。その注意を聞き流し、適当に謝る後田に対し布袋は憤慨し作業を遅らせる後田を追放しようと他の参加者に呼びかけます。

 

3日目、マナブくんから追放者の発表がありました。3日目の追放者は後田ではなく布袋でした。そう、このゲームは脱獄しそうなやつではなく皆にとって都合の悪い奴が追放されてしまうゲームなのです。

 

参加者に友一に恨みを持ってる者が多い今回のゲーム、友一にとってとても不利なゲームになりそうです。

トモダチゲームR4第6話のネタバレ

「友情の檻ゲーム」は皆に借金を背負わせることになる脱獄者よりも、皆にとって都合の悪い人が追放されると気づいた友一は自分にとって不利なゲームだと気づきます。

 

クロキは布袋を追放したことにより自分たち側が多数派だと気が大きくなり、友一にきつく当たるようになりました。

 

天智はこんなのおかしいと自分たちのグループしかいない部屋で話しますが、クロキと紫宮に追放されたくなければ友一たちの様子を報告しろとスパイをしろと言われていた後田がその発言をクロキに密告します。

 

クロキは反抗的な態度をとるなら追放するぞ!と大声で全員を脅します。その様子に最初は紫宮に協力的だったKグループのメンバーが不信感を募らせ門倉にキャプテンが仕切ってくれと頼みに来ます。

 

門倉も紫宮のやり方には疑問を持っていたのでクロキと紫宮にもう言いなりにはならないと伝えに行きます。

 

翌日、マナブくんから追放者の発表がありました。しかし、マナブくんが発表する前に門倉が「俺から言わせてくれ」と言い百太郎を呼び出します。

 

言いなりにはならないと言っていたはずの門倉はなんと紫宮に指示をされ百太郎を追放に追いやったのでした。その出来事は確実にKグループに亀裂を走らせていました。

 

百太郎が追放されたことによって千聖が紫宮を問い詰めます。そのことにより翌日千聖が追放者となってしまいます。Kグループが追放者として選ばれていく中、門倉は紫宮を止めようとはしません。

 

丹羽はそんな門倉を見損なったと言い、自分勝手な振る舞いをする紫宮をビンタしてしまいます。「友情の檻ゲーム」では暴力行為が禁止されているため、丹羽も失格として追放されてしまいます。

Kグループの追放により紫宮は孤立!?過半数の票を握る人物とは?

友一は夜な夜ななにかをずっと作り続けていました。そんな時、鍵を見つけたものがいることが発覚します。鍵もちからの手紙が置いてあったのです。

 

そこには、鍵を見つけたことと、脱獄されたくなければクリア報酬の1億円の内9000万円を鍵持ちに渡すという書面にサインをしろというものでした。

 

この手紙に対しもちろん全員反対するかと思われましたが、反対したのはクロキ、天智、友一、紫宮の4人だけでした。ここにきて門倉は紫宮と対立ることにしました。

 

そして四部も友一たちとは対立してしまいました。鍵持ちを炙り出すために全員の身体チェックが行われました。しかし、恵子は裸になるのを拒否し、種田のチェックでないと受けないと駄々をこねます。

 

この時点で恵子は一番怪しい存在として印象づきました。クロキは恵子を追放してやろうと票を入れました。しかし翌日追放されたのは後田だったのです。

 

なぜ後田が追放されたのかというと、それはドミノをわざと壊しているという疑惑が後田にはあったからでした。

 

友一は夜な夜なドミノが倒れないように衝立を作っていました。その衝立を立てたにも関わらずドミノは壊されてしまっていました。疑惑をかけられた後田は、今までの態度の悪さも相まって追放されてしまいます。

 

どうせ追放されてしまうならとドミノを壊そうと走ります。それを止めたのは種田でした。種田は日ごろの行いが全てだと後田に呟き後田を運営に引き渡したのでした。

 

クロキは恵子に票を入れたのに追放者が後田だったことに動揺します。友一は自分が過半数の票を持っているかのように振る舞いクロキにきつく当たります。ただ、それははったりで冗談だとクロキに告げました。

 

現在過半数の票を握っているのはクロキでも、友一でも紫宮ですらなかったのです。果たして今このゲームの命運を握っているのは誰なのでしょうか。

トモダチゲームR4第7話のあらすじネタバレ!考察感想と次回予想

トモダチゲームR4第6話の感想考察

原作にはいなかったキャラがことごとく追放されて最終的に原作の流れに近づいてきたという印象です。しかしまだ原作ではこのゲームに参加していなかったメンバーも残っているのでこれからどういう流れになっていくのかとても楽しみです。

トモダチゲームR4第7話の予想!

7話は「友情の檻ゲーム」完結編です。過半数の票を持っているのは誰なのか、果たして脱獄者は出てしまうのか、など気になる展開が盛りだくさんです。友一はこの不利なゲームをどうやって乗り切るのでしょうか。

コメント