純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第9話のネタバレあらすじと感想「ほころぶ関係」

「junaidhisonansu」dai9wa netabarearasuzitokansou 「hokorobukankei」純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第9話は9月8日放送されます。新しい仕事につき、踏み出そうとする正樹。しかし邪魔が入ってしまい上手く進めず冴との関係も悪化してしまう…。なかなかうまくいかない展開にモヤモヤしそうです!

 

「純愛ディソナンス」第9話のあらすじネタバレ、感想をまとめます。

「純愛ディソナンス」第8話のネタバレあらすじと感想考察「ついにふたりは結ばれる?」

純愛ディソナンス第9話のあらすじ

「純愛ディソナンス」第9話のあらすじです。

正樹(中島裕翔)が講師として働く予定だったピアノ教室の壁に、何者かが正樹を中傷する落書きをした。冴(吉川愛)は、慎太郎(髙橋優斗)の靴に赤いスプレーが付着していることに気づき、彼を問い詰めた。そんな冴を、慎太郎を壊したのは冴だと非難する莉子(畑芽育)。慎太郎は、自分がやったことのけりは自分でつける、と冴たちに言い、住んでいるシェアハウスに、立ち退きの話が出ていることを明かす。

正樹は、ピアノ教室の経営者・野水百合子(阿部朋子)に謝罪し、すべて弁償すると申し出る。正樹は、心配してやってきた冴に、すぐに新しい仕事を探すから大丈夫だと言って安心させようとするが……。

一方、『モノリスエステート』社長の賢治(光石研)は、北都(和田正人)から、行方不明になっている娘の愛菜美(比嘉愛未)がいまだに見つかっていないとの報告を受ける。「俺は、死ぬときに家族全員に囲まれて死にたいんだよ。お前と愛菜美、あと正樹」。賢治はそう北都に告げ、手を打つよう指示する。

正樹は、不動産関係の仕事を探すも、すでに賢治たちの手が回っており、断られてしまう。落書きの件も賢治たちの仕業だと疑った正樹は、モノリスエステートへ抗議に行くが、そこで北都から、冴たちが住んでいるシェアハウスが立つ土地の権利書を手に入れたと告げられ……。

引用元:「純愛ディソナンス」公式HP

「純愛ディソナンス」第9話では、自分の気持ちにせっかく気づけた正樹でしたがこの壁を乗り越えることが出来るのでしょうか?!

純愛ディソナンス第9話のネタバレ

「純愛ディソナンス」第9話のネタバレです。

ピアノ教室の落書により、正樹の過去が歪められて世間に明るみに出てしまいました。冴の方も、アカツキ荘の立ち退きの件を伝えられました。

 

一方、愛菜美がいなくなったことで苛立つ社長の賢治、北都は愛菜美と正樹の連れ戻しを遂行していました。正樹は再就職をしようとするも、どこも賢治の会社が怖く、雇ってはくれません。

 

正樹が賢治たちの前に現れると、北都はアカツキ荘を潰すつもりだと伝えます。正樹は自分を押し殺して賢治の会社に戻る決意をします。アカツキ荘では、慎太郎がケリをつけると置手紙を残して消えます。

 

冴は嫌っていた静に電話し、ピアノ教室の壁の弁償のためおカネを貸してもらいます。路加は愛菜美を見つけ、彼女の自宅に連れて行きます。そして最悪の状況の愛菜美に路加は優しい言葉をかけます。

 

ピアノ教室を訪れた正樹は、冴が弁償したことを知ることになります。そして冴に会い、話し合います。お互い隠していることを問い詰め、2人の間には亀裂が入ります。

 

賢治の部下としての正樹は、路加の会社の情報を抜き出し、これを条件にアカツキ荘から手を引かせます。路加は正樹を呼ぶと、会社の事ではなく、愛菜美のことを話します。「あんたじゃなきゃダメなんだよ」と。

 

2人の会話を聞いてしまった冴も夫婦と言う高い壁を強く感じたのでした。姿を消していた慎太郎は由希乃の墓参りをしていました。その場に現れる冴たち。その後、高校の頃の昔話をします。

 

暗黒時代と感じていた冴でしたが、映研のメンバーのおかげで楽しく過ごせたと感謝します。そして冴と2人きりになると慎太郎は、冴からの卒業を口にします。そして、冴を後押しして、正樹のところへ行かせるのでした。

 

その正樹は、愛菜美に会い、彼女の才能が羨ましかったと語ります。帰ろうとする正樹を愛菜美は抱きしめてしまいます。そこに現れ、2人を見てしまった冴。耐え切れず泣き出してしまいます。

 

そして「私じゃダメなのかな」と。すると正樹は気持ちを抑えることなく、「おまえが好きだ、そばにいれくれ」と言い、冴を抱きしめました。

 

しかし、怒涛の展開が待ち構えていました。賢治の路加潰し、北都の謎の電話、そして正樹に加賀美からの手紙、危険が迫るような暗雲が立ち込めます。

純愛ディソナンス第9話の感想考察

「純愛ディソナンス」第9話の感想、考察です。

20代女性の感想

キスや手をつなぐなどのふれあいは最小限なのに、正樹と冴の心のつながりの強さを随所でひしひしと感じ、脚本の妙だなぁと感心します。

ここ数話で正樹と冴が二人だけのために奔走している空気が感じられ、もし結ばれても周囲からあまり祝福されないのではと思うので、もしかすると最終話では二人は結ばれないのかもしれないなぁと勝手に予想しています。

冴に対しては慎太郎のことを本当に思いやっているなら突き放してあげるのも愛なのかなぁと思いました。

60代男性の感想

ピアノ教室をやめた正樹を雇うなと賢治から業界に連絡が流れ就職が出来なくて、行き場を失った正樹は賢治に会いに行き、ピアノ教室の落書きの仕業を疑うのは、死中に活を見出そうとする逆転の発想に転じたようです。

正樹が、賢治に働かせてくださいと言い、誠意が足りないと賢治に言われて、頭を下げて土下座するのが屈辱的な場面です。賢治の軽蔑の笑いが不気味です。

すると、正樹は路加の会社の顧客リストを手に入れて路加を潰せると言って、冴の家の買収を辞めさせるのは、冴を救う為に、賢治に頭を下げたのかと思いました。

一方、愛菜美が自分の書いた本を万引きして路加に引き取られるのが情けないです。正樹がいなくなって、もう書けないと言いますが、路加は愛奈美が、かけがえのない存在になったと慰めるのが、せめてもの情けに見えます。

すると路加から正樹に、愛奈美を見つけたと言い、世話になったのに愛菜美を捨てるのか、彼女は正樹がいなきゃダメだから会って欲しいと言います。

そこで、正樹が愛菜美に会いますが、愛菜美は話すことはない、人生で好きになった相手に裏切られた、なれの果てだと言います。

すると正樹が愛菜美は、からっぽじゃない、個性で勝負して世間に認められた愛菜美がうらやましかったと慰めて、何とか創作意欲に向かわせようとしたようです。

それでも愛菜美は正樹に自分さえ我慢すれば丸く収まると思うのはやめた方がいいと言って、正樹の本心を見透かしたようですが、それでも後から追いかけてハグしたのは、正樹に未練があるようです。

それを冴が見てショックで去ります。冴は泣いて愛菜美がみつかって良かった、やっと正樹と、一緒にいられるようになったのに、気持ちだけ焦って空回りして、支えると言ったが私じゃだめなのかなと言うのが、余りにみじめです。

そこまで冴を追い込んで見捨てるのは許せないと思いますが、煮え切らなかった正樹が、ゆるされないことだと判っていても、冴のことが、どうしようもなく好きだからと言ってハグして、頼むから傍にいてくれと言ったのは感動的です。

冴が笑顔に過去を消すことはできないが、ほころびを、少しづつ、なおしていけばいいと正樹が思います。すると、小坂への罪を償っている加賀美理から正樹に手紙が来て過去から逃げられないというのが不気味です。

20代女性の感想

冴が一番頭を下げたくなかったであろうお母さんにお金を借りて慎太郎のやってしまった落書きを弁償しようとするところも、正樹が仕方なく碓井社長の元で再度働くことにしたのも、どうして!?と思ってしまいますが、それが彼らなりの贖罪でしかないのかもしれません。

離婚を突きつけられて失望した愛菜美がどういう行動をとるのかハラハラしましたが、タイミングよく路加が現れて彼女も少しは救われたのかなと思いました。

まだ離婚はしていないのに自分の気持ちを抑えられなくて冴に好き、と言ってしまうくらい冴に惹かれていることがよく伝わってきました。どうにかして2人には幸せになってほしいです…。今になっての加賀美さんからの手紙も不穏な展開しか予想できませんが…。

純愛ディソナンス第10話の予想!

「純愛ディソナンス」第10話の予想です。

次回は正樹の実家が標的になってしまう展開に。すべての伏線を回収してからラストに向かう流れにちょっと安心です。

 

これだけドロドロだと、不消化で最終回を迎えたくないですものね。ですが、予告を見ても冴と正樹が普通に結ばれるとは思えません。

 

脅された冴が正樹に別れを告げてしまうのでしょうか。来週もハラハラする展開が待っていますね!

 

コメント