純愛ディソナンス

純愛ディソナンス第2話の視聴率は4.3%!「最愛に似てる」ネタバレ感想

junaidhisonansudai2wa shichouritu/netabarekansou 「saiaininiteru」純愛ディソナンス

7月21日放送された「純愛ディソナンス」第2話ですが、視聴率の低さが初回から話題です。ですが、実際に視聴している人からは「面白い」「最愛に似てる。目が離せない」と評判なのです。

 

「純愛ディソナンス」第2話の視聴率、最愛に似ている部分、ネタバレあらすじ、次回予想をまとめます。

 

純愛ディソナンス第2話の視聴率4.3%!

「純愛ディソナンス」第2話の世帯平均視聴率4.3%でした。第1話は4.8%、第2話は4.3%と2週連続での4%台であり、第1話よりも低調のため、打ち切り視野圏内ともささやかれています。

 

「純愛ディソナンス」が放送されている「木10」枠は近年低視聴率枠との評判が高いです。2021年度の木10枠ドラマはすべて平均視聴率が一けた台で終わってしまっています。

 

  • 1月「知ってるワイフ」(平均視聴率7.46%)
  • 4月「レンアイ漫画家」(平均視聴率5.37%)
  • 7月「推しの王子様」(平均視聴率4.89%)
  • 10月「SUPER RICH」(平均視聴率6.84%)

 

ドラマ内容は面白いのに、木10枠に引っ張られている、また「生徒と教師の禁断の恋」というキャッチフレーズが良くないとも。

 

しかし、ネット上では「純愛ディソナンスは最愛に似てダークホース!」との声が多数。「純愛ディソナンス」と「最愛」が似ている部分をまとめます。

 

純愛ディソナンスは最愛に似てる!

「純愛ディソナンス」と「最愛」が似ていると評判です。「最愛」は昨年一番の話題作だった長編ミステリーだけに、似ているとなると期待度が増しますよね!似ている部分をまとめました。

 

「純愛ディソナンス」と「最愛」が似ている部分①横山克さん

「純愛ディソナンス」と「最愛」が似ている、と言われる中で最も多いのが「音楽」「劇伴」です。担当しているのは横山克(よこやままさる)さんで、ファンも多い方。

 

横山克さんは数多くの劇伴を担当しており、「最愛」はもちろん「愛しい嘘~優しい闇~」「夜行観覧車」「Nのために」など、恋愛ミステリーで流れるとグッと引き込まれてしまうんです。

 

ドラマと音楽がマッチしていないと、どうしても興ざめしてしまいますもんね…。

「純愛ディソナンス」と「最愛」が似ている部分②考察から伏線のある展開

「最愛」との共通点2つ目は、次の展開が気になって引き込まれるサスペンス。伏線から考察をしたくなるサスペンスだけでなく、あくまでも人間ドラマを基調としている部分が似ているのです。

 

「最愛」では、登場人物の過去や事件が複雑に絡み合って物語が展開されていきました。「純愛ディソナンス」でも、高校時代の出会いから始まり、5年後が描かれます。複雑な人間ドラマになることがすでに明かされているのです。

 

現在の伏線・正樹や冴の家庭環境、殺人事件をどのように5年後に絡めていくのか、これからもっと目が離せなくなりそうですよ!

「純愛ディソナンス」と「最愛」が似ている部分③切ない恋愛模様

「純愛ディソナンス」と「最愛」が似ている理由3つ目として、主人公の切ない恋愛が挙げられます。

 

「最愛」では、お互いに思いを残しながら離れ離れになっていた梨央と大輝。再会した時には刑事と重要参考人という禁断の関係になっていました。

 

「純愛ディソナンス」では、出会いの時点では「生徒と教師」。5年後の再会では「正樹が既婚者」となっており、セカンドパートナーを選択するというストーリー。

 

どちらのドラマも気持ちがあるにも関わらず、結ばれるには大きすぎる障害が‥という設定で、ハラハラドキドキしますよね。たくさんの共通点がある二つのドラマのスタッフを比較してみました。

 

最愛純愛ディソナンス
脚本奥寺佐渡子

清水友佳子

玉田真也

大林利江子

倉光泰子

武井彩

音楽横山克横山克
プロデューサー新井順子森安彩

関本純一

演出塚原あゆ子

山本剛義

村尾嘉昭

木村真人

土方政人

菊川誠

編成中西真央

東仲恵吾

髙野舞
制作TBSフジテレビ

 

類似点が多いため、スタッフも一緒かと思いきや、音楽の横山克さん以外は同じではありませんでした。2021年最大のヒット作「最愛」と似てると言われるのは、「純愛ディソナンス」が良くできたドラマということ。

 

まだご覧になっていない方は、今からでもぜひ視聴して頂きたいです!

 

純愛ディソナンス第2話のネタバレあらすじ

「純愛ディソナンス」第2話のネタバレです。

 

前回のラストで、小坂由希乃先生の遺体が発見されました。生徒にその事実が伝えられます。正樹は兄が無くなった時、「大丈夫」と言ってくれた姿を思い出すのでした。

 

冴は正樹に呼びかけ、音楽室でピアノを弾く事に。冴が一緒に弾こうとすると耳障りな音がして正樹が「不協和音」と語ります。由希乃の死の話になり、急に冷たくなる正樹に冴は戸惑います。結局取りつく島もない正樹に、冴は出て行ってしまいました。人間は分かり合えない、と自分に言い聞かせる正樹。

 

実家に顔を出した正樹は、家を継ぐ気がないことや亡くなったのが兄の彼女だったことを伝えるのです。

***

職員室では、由希乃の話をする教師たち。噂や口論をしていて教頭に叱られます。

***

冴の三者面談で、成績から行くと推薦も可能という話になります。副担任として正樹も一緒に出席。理由をつけて遠い大学など行く必要はないという母親に、正樹はつい力の入った助言をします。加賀美先生は正樹に「教頭から見張る様言われている、気をつけるよう」助言しました。

***

冴は正樹のことを考えながらコインランドリーで小説を執筆中。そこに偶然入ってきたのが正樹。冴にバレないよう気にしていますが、結局二人で仲良く話をしてしまいました。家に帰ると母親は昼の仕事をすることにした、と報告するのです。

 

学校では、正樹が由希乃について嘘をついたことに対して慎太郎が詰め寄ります。正樹は素直に謝罪し、出て行きます。なぜ由希乃と知り合いだったことを話さないのか、問う冴に対して正樹はどこか距離を置いた対応をするのでした。

***

神社で碓井先生と会う正樹。碓井先生はいなくなる前に由希乃に食事に誘われたが、断ったと言います。つい責めてしまう正樹。由希乃が最後に書いた絵馬には「もう誰も傷つきませんように」と書かれていました。

 

冴は母親と食事をする予定でしたが、バイト先の店長に入れあげてデートをし、キャンセルされてしまいました。母親がデートをしているところを見かけた正樹は冴が食事をしているレストランに向かいます。そこで、ずっと母親から裏切られ続けてきたことを聞き、誕生日を祝うのでした。

 

食事中、正樹に着信が。由希乃が預けていたコインランドリーで緊急連絡先に正樹が指定されていたのです。預けっぱなしだった荷物には、ビデオカメラが。

 

冴と一緒にビデオを見ると、生徒たちと仲良く笑う由希乃の姿が。それを見た正樹は由希乃に対する感情を爆発されてしまいます。話を聞いてやれなかった自分への後悔にさいなまれる正樹を何とかしてやりたいと抱きしめる冴でした。

 

冴が学校に行くと、冴が正樹を抱きしめている動画が拡散されていました。周りの視線に堪えられない冴。職員室では抗議の電話対応に追われています。そんななか上機嫌で現れた冴の母親。

 

冴の母親は動画に対して興奮してどういうことか、問い詰めます。見ていられず割り込む冴ですが、話を聞かず一方的に正樹を責め続ける母親。母親は冴の小説を、正樹との関係だと断言して読み上げました。

 

正樹は母親についにキレてしまいます。母親に対して感情的に「さっさと娘を開放してやれ」と叫ぶ正樹。その後すれ違っても冴を無視する正樹。冴はクラスで嫌がらせをされるようになります。冴は音楽室から流れる正樹のピアノの音に涙を流すのでした。

 

慎太郎は碓井先生が犯人と確信し、どういうつもりか問い詰めます。

 

冴は映研部室で、由希乃の残した動画を観ていました。すると、一人で教師を辞めると話す由希乃の映像が出てきたのです。そのうちにある人物が入ってきて、ビデオは乱暴に床に落とされます。由希乃は「もう別れた」「苦しい」と話すも相手は別れたくないと言います。

 

その相手は加賀美先生でした。冴が焦って正樹に電話するも不通。急に入ってきた加賀美先生に怯える冴。

 

一方正樹は退職を告げ、学校を去るところでした。

 

純愛ディソナンス第3話の予想!

「純愛ディソナンス」第3話の予想です。

冴がどこかに監禁されて、母親が泣き叫ぶ様子が。その後5年後となり、容姿の変わった正樹、碓井先生。大人になった冴が映されます。

 

由希乃を殺害した犯人はほぼ次回で決着がつくことが分かったのですが、こんなに早く5年後になるとは思ってもいませんでした。メインは5年後のドロドロなんですね!

 

5年後の正樹は全身ブラックで、カタギとは思えない雰囲気を漂わせています。再会した冴に対して「二度と先生と呼ぶな」と冷たくあしらう様子に、深い事情があることが伺えます。

 

碓井先生も現在の地味な姿はどこ行った!?と言いたくなるくらいのド派手な美人に変身しています。陰気臭いオーラは完全に消えていました。正樹と冴も気になりますが、いったい碓井先生に何があったのか…。

 

「純愛ディソナンス」第3話では、5年後編の始まりということで、いよいよ本編に突入した感がありますね。絶対に見逃さないようにしましょう!

「純愛ディソナンス」第3話のネタバレあらすじと感想考察!「変貌した5年後の正樹」

コメント