赤いナースコール

「赤いナースコール」第7話のネタバレあらすじと感想考察「犯人は院内に!」

「akaina-suko-ru」dai7wanonetabarearasuzitokansoukousatu「hanninhainnaini!」赤いナースコール

「赤いナースコール」第7話は8月22日放送されます。棺桶に閉じ込められ焼き殺された加藤桜!相棒を失った工藤文世は怒りに打ち震え…。壮絶な最期を遂げた加藤刑事の衝撃が収まらないまま、第7話に突入です。

 

「赤いナースコール」第7話のあらすじネタバレ、感想考察をまとめます。

「赤いナースコール」第6話のネタバレあらすじと感想考察「脱出不可能?」

赤いナースコール第7話のあらすじ「犯人は院内に!」

「赤いナースコール」第7話のあらすじです。

夜中に潜入捜査をしていた加藤桜(堀口紗奈)が、棺桶に閉じ込められた上、焼き殺されてしまう。しかも犯人らしき人物から通報があり、受話器からは殺害時の音声が。助けを求める加藤の声とともにチャイコフスキーのあの曲が流れていて――。相棒を失った工藤文世(池田鉄洋)は、殺意を覚えるほどの怒りに打ち震える。春野翔太朗(佐藤勝利)ら六人病室の患者たちも事件を知り、その状況から犯人が病院の中にいることを確信する。

引用元:「赤いナースコール」公式HP

 

「赤いナースコール」第7話では、加藤桜を殺した犯人と思われる者からの猟奇的な電話が!犯人は院内にいてスリルを楽しんでいるのかー?!

赤いナースコール第7話のネタバレ

「赤いナースコール」第7話のネタバレです。

 

まず、刑事の加藤が棺桶に入ったまま、焼き殺された事件については、その後、同僚の工藤らが加藤の骨を調べた結果、喉仏がなくなっていました。

 

工藤はその後、まず、看護師の一人に会い、看護師の一人が、加藤が「潜入捜査のことは言わないで。何かを確かめたいので。」と言っていたと証言しました。次に患者の三森に会い、三森が事件の日、「笑い声が聞こえた。」と証言しました。

 

3番目に工藤は病棟のドアの所に口紅がついているのを見つけました。4番目に院長の榎木田に会い、榎木田が「昨日の夜は家に帰りました。」と証言しました。5番目に工藤は榎木田に「加藤のことをマスコミにリークした」と言いました。

 

5番目に榎田の妻に会い、榎木田の妻が、「昨日の夜は家に帰っていた。」と証言しました。次に看護師の山根と医師の石原が密会している場面では、石原が「西垣が昔、病院長の妻だった。病院長は何か秘密を抱えている。」と言っていました。

 

その次に主人公の春野らが加藤の事件のことを知った場面では、春野が「犯行時刻がまちまちであることから、犯人は勤務時間が決まっているサラリーマンではなく、勤務時間が決まっていない職業だ。チャイコフスキー殺人事件と榎木田記念病院殺人事件の犯人は共鳴し合っている。」と言っていました。

 

その次に患者の宇田川と看護師の一人が話している場面では、宇田川は「今回のことは後悔していません。」と言い、看護師の一人は「病院長がお嬢さんの面倒を見てくれる。宇田川さん、もう一つお願いが」と言っていました。

 

春野のベッドに三森が忍び込んだ場面では、三森は怪我をしていなくて、それは三森を退院させないためでした。また、トラックに曳かれた老婆は認知症でなく、老婆が病院長の母であることを患者の一人が言っていました。

 

そこに山根が来て、「こんなことをしていると本当に殺される。」と言っていました。山根は三森の包帯を巻き直して、部屋に連れて行きました。その次に榎木田が西垣と話している場面で、西垣は「佐藤、山根らを気をつけた方がよい。」と言っていました。

 

最後の場面で看護師の一人・野田が窓から転落しました。イヤホンからはチャイコフスキーが流れていたのです。

第8話に続く。

「赤いナースコール」第8話のネタバレあらすじと感想考察「刑事と共同し、彼女を守れるのか!」

赤いナースコール第7話の感想考察

「赤いナースコール」第7話の感想、考察です。

30代男性
30代男性

第7話では、翔太朗がこの病院はおかしいと考えている様子が伝わってきました。たくさんの人が殺されてしまうのは呪われた病院であると考えられました。

 

加藤桜が夜間に潜入捜査をしてしまったことが影響して棺桶に閉じ込められてしまい焼き殺されてしまったシーンに衝撃を受けました。

 

犯人らしき人物からの通報があったので、どんな展開になるのか予想して観ることができました。翔太朗とアリサが、無事にこの病院から脱出することができるのか見どころであると思いました。

20代女性
20代女性

とにもかくにも、加藤刑事救出が叶わなかったことが無念でなりません。助けを呼ぶ声が録音されたのを聞かされる苦痛はえげつなかったです。

 

そして、そこに加藤刑事はいないのにいつも通りに用意されたカップラーメンが何とも物悲しくて、上に乗せられた箸でさえも見ているとやるせない思いにされられました。

 

加藤刑事のためのカップラーメンなのに、全然違うオッサン刑事に食べられた時は正直怒りにも似た激情が込み上げて仕方がなかったです。

50代女性
50代女性

ついに老婆を殺した人物がハッキリしてきて、そこには野田看護師が絡んでいたのは意外でした。

 

しかし、最後に殺されてしまうという事は、口封じされたのかもと、会話の中に出てきた榎木田院長が黒幕の様に思えてきています。

 

野田が彼にお願いした事って何なのでしようか、気になります。全体的に犯人が誰なのか、ここに来てもなかなかターゲットを絞れないのが悔しいです。

 

みんなの表情が思惑ありありの様で、誰が犯人になっても納得の結果となりそうで、早く知りたくてうずうずしています。

赤いナースコール第6話ラストの加藤刑事の衝撃が大きすぎて、皆さんまだ余韻を引きずっている様子。今回は野田看護師が亡くなってしまい、被害者がまた一人増えてしまいました。

 

繋がりを考えていくと、やはり榎木田院長が怪しいという見方になってきますよね…。

赤いナースコール第8話の予想!

「赤いナースコール」第8話の予想です。

赤いナースコール第8話では、翔太朗は工藤刑事と一緒に犯人を捜す流れに。しかし、翔太朗の動向にもこれまで怪しい部分があるため、何かの狙いがあるのかと勘繰らずにはいられません。

 

第8話で工藤刑事が危機に陥ることがあれば、ますます翔太朗が怪しく見えてきそうな気がします。

コメント