競争の番人

競争の番人赤ペン瀧川(碓井健司)の存在感がありすぎ!「腰ぎんちゃくがうますぎる」

kyousounobannin akapentakigawa(usuikenzi) sonzaikangaarisugi! 「koshiginchakugaumasugiru」競争の番人

2022年夏ドラマ月曜9時放送中の「競争の番人」で赤ペン瀧川先生の出演が話題です。山本耕史さん演じる天沢雲海の側近・碓井健司(うすいけんじ)役として出演中。

 

競争の番人「赤ペン瀧川さん」のプロフィール、碓井健司役、今期のプレゼンドラマについてまとめます。

 

「競争の番人」碓井健司を演じる赤ペン瀧川さん

「競争の番人」で碓井健司役を演じる赤ペン瀧川さん。

 

 

赤ペン瀧川さんは映画プレゼンター、俳優、演出家として活躍している方です。

 

名前:赤ペン瀧川(瀧川英次・たきがわえいじ)
生年月日:1977年12月27日
職業:映画プレゼンター、俳優、演出家
出身:神奈川県
身長:168cm
血液型:B型
所属:ワタナベエンターテイメント

 

なんでも添削する「赤ペン瀧川」先生として、いろんな角度で突っ込む芸風をお持ちですが、最近ドラマ出演が多いのです。

 

  • 2022年6月:ナンバMG5(桐山譲二役)
  • 2022年7月:競争の番人(碓井健司役)

 

特に2か月連続で、ボスの元で偉そうにする腰巾着役を演じていた為、「また赤ペン瀧川⁉」と話題になりました。

 

「競争の番人」碓井健司役とは

「競争の番人」で赤ペン瀧川さんが演じている碓井健司役とは、いったいどのような役なのでしょうか。

碓井健司とは

  • 「ホテル天沢」のブライダル部長。
  • ホテル天沢の極秘調査に訪れた白熊と小勝負に、ブライダルの案内をする。
  • 天沢の元、花屋いじめを行う。
  • 第2話ラストで、天沢から責任を押し付けられる。

 

碓井健司(うすいけんじ)は、天沢雲海の腰巾着と呼ぶにふさわしい卑屈さと偉そうな感じが非常に鼻につく役柄です。あまりにも典型的な小物悪役なので、笑ってしまうほどです。ドラマの中で、存在感がものすごいですよね(笑)

 

赤ペン瀧川さん2022夏ドラマ紹介はまさかの「魔法のリノベ」!

赤ペン瀧川さんの本分は映画ドラマの解説です。2022年夏ドラマの紹介は、ご自分が出演している競争の番人をやって欲しい!という声が多く見られました。

 

しかし、実際のドラマ解説はなんと「魔法のリノベ」(笑)。「競争の番人」の次の時間帯ドラマです。

 

 

なんとも微妙な選択が実に面白いですよね!

コメント