オクトー

「オクトー」第5話のあらすじネタバレと感想考察「人質にされた朱梨と驚きの水色」

「okuto-」dai5wanoarasuzinetabaretokansoukousatu「hitozitinisaretashunashitoodorokinomizuiro」オクトー

「オクトー~感情捜査官 心野朱梨~」第5話は8月4日に放送されます。第5話では、恩人の葬儀に出席した朱梨が立てこもり事件の人質になってしまいます。

 

「オクトー」第5話のあらすじネタバレ、感想考察、ゲスト、キャスト相関図をまとめます。

オクトー第5話のあらすじ「人質にされた朱梨と驚きの水色」

「オクトー」第5話のあらすじをまとめます。

朱梨(飯豊まりえ)は、望月病院の院長・暁子(千葉雅子)の葬儀に参列する。朱梨にとって暁子は、15年前の事件のショックで入院していた頃に温かくサポートしてくれた恩人だった。
朱梨が棺の中の暁子に別れを告げて去ろうとしたその時、「動くな!」という声が上がる。
暁子の秘書・潮田(浅利陽介)が、暁子の夫・経二郎(佐戸井けん太)にカッターナイフを突き付けていた。
「院長を殺した犯人が、この中にいる!」

暁子の死因は心不全で、医師の診断書も出ていた。しかし、潮田はそれが偽装だと主張。潮田は、葬儀場にいた人々を人質にして葬儀場に立てこもる。人質になったのは朱梨と経二郎の他、暁子の長男・郁人と妻のチエミ、次男・生弥と妻のアワコ、長女・八葉、望月家の顧問弁護士・鐘井、葬儀スタッフの小野寺。朱梨は潮田の目に、水色のきらめきを見る。水色は、“驚き”を表す。なぜ、思い通りに立てこもりを実行したはずの潮田が驚いているのか?
潮田は、暁子が家族の誰かに殺されると怯えていたと主張し、犯人が名乗り出るまで立てこもりを続けると宣言。潮田は、望月家の人々が隠していた秘密を暴露していく。それは、暁子を殺す動機となりうるものだった。
通報を受けた風早(浅香航大)ら刑事第一課強行犯1係の面々は現場に駆け付ける。風早たちは、朱梨が人質になっていると知って心配する。
風早たちは、潮田に関する情報を調べる。潮田は1年前から暁子の秘書となり、彼女に気に入られていた。彼には唯一の肉親である父・満がいたが、疎遠になっているようだった。
潮田から見える色を通して、彼の真意を読み取ろうとする朱梨。すると、水色に加えて、別の色も見え始める…。暁子の死に隠された真実とは? 事件は、思いがけない方向へと向かい――!?

引用元:「オクトー」公式HP

 

「オクトー」第5話では、朱梨が参列した恩人の葬儀で、立てこもり犯の人質になってしまうという展開。普段取調室のシーンが多い朱梨が外メインで動くというのは珍しいですよね。

オクトー第5話のゲスト「片桐仁さん」

「オクトー」第5話のゲストは片桐仁さん、浅利陽介さんです。

片桐仁さん:警察官。朱梨と一緒に閉じ込められる。

浅利陽介さん:望月医院の院長聡子の秘書・潮田役

 

名前:片桐仁(かたぎりじん)
生年月日:1973年11月27日
年齢:48歳(2022年7月時点)
出身地:埼玉県
身長:176cm
血液型:B型
職業:お笑いタレント、俳優、彫刻家
出演作品:「99.9-刑事専門弁護士-」「あなたの番です」
名前:浅利陽介(あさりようすけ)
生年月日:1987年8月14日
年齢:34歳(2022年7月時点)
出身地:東京都
身長:162cm
血液型:O型
職業:俳優
出演作品:「コード・ブルー」「相棒」「ALWAYS続・三丁目の夕日」など多数
片桐仁さん、浅利陽介さんともにバイプレイヤーとして作品をピリッと引き締めてくれる俳優さんですよね。「オクトー」第5話で、いったいどのような動機を見せてくれるのか、楽しみです。

オクトー第5話のネタバレ

「オクトー」第5話のネタバレです。

 

朱梨は恩人である望月医院の暁子院長の葬儀に来ていました。到着すると、すでに告別式はほぼ終わりかけ。朱梨が御棺に花を入れると、受付をしていた秘書・潮田が突然カッターを突きつけて立てこもりを始めました。

 

潮田は「院長が殺された、この中にいる誰かだ」と主張し、葬儀場にいた全員を拘束します。誰が犯人かは分からないが、動機はあると話す潮田。その目に浮かぶ感情は「驚き」。長男・郁人は医療過誤で訴えられ、もみ消した事を暁子院長は憤り、グループから外そうと検討していたのです。他の家族にも秘密がありました。

 

その頃風早は雲川、北村とともに会場に駆けつけます。心配そうに風早は朱梨がいるドアの向こうを見つめるのでした。トンネル事故が起こり、早急な対応が難しくなったのです。

 

潮田がなぜ驚き続けているのか、頑張って潮田に話しかけ続ける朱梨。すると潮田の目には黄色と黄緑の「愛」の色が浮かんだのです。

 

「愛」とは不倫だと責める子供達。潮田は焼子と不倫していたと宣言し、暁子の家族に対して「お金しか目になかった」と責めます。

 

遺書を開封すると、暁子が書いたもので間違いはなく、遺産の半分を潮田に譲ると書いてありました。暁子の夫・経二郎から「潮田は不倫なんてしておらず、暁子の子供だ」と話します。

 

経二郎は、暁子には自分と付き合う前に交際していた男性がおり、出産もしていました。男性は暁子の家からお金を貰って、子どもを育てていた、その子供が潮田だったのです。

 

暁子は子供の潮田を捨てたことを後悔しており、潮田の為に何かしてあげたいと考えていたのです。

 

潮田は「自分は暁子に捨てられた、苦労はすべて暁子のせいだ」と言い、自分は「暁子を殺した、これから自殺するつもりだ」と宣言します。

 

「復讐だ」と話す潮田に朱梨は「それは違う!」といった瞬間、風早が突入し、潮田の身柄を拘束しようとしますが、それを止める朱梨。

 

いつも通り、感情の色のスケッチを広げ事件を紐解く朱梨。事件は解明されます。

 

暁子は潮田に殺害などされておらず、死因は心不全でした。立てこもりを起こしたのは、潮田の父である小暮と会わせたかったため。小暮は暁子を愛しており、潮田を育てたのもお金などもらってはいなかったのです。

 

潮田が暁子の秘書として近づいたのは、父親の小暮満に合わせてあげたいと考えての事だったのです。父が暁子を愛していることを感じ取っていた潮田(本名・小暮)は、なんとか暁子に合わせたいと思っていましたが、その前に暁子は亡くなってしまいました。

 

そのため、葬儀に参列させてあげようと招いていたのですが、トンネル事故で間に合わないという事態に。そのため、立てこもりをして時間稼ぎをしていました。

 

やっと到着した小暮満は「やっと会えた」と暁子の手を握ります。実はお揃いのタトゥーが手に入っていたのでした。

 

事件が解決し、朱梨は疲れたとぼやくと風早がグミをくれます。その頃、雲川に情報屋から電話があります。「礼の男が立てこもりのあった葬儀会社に勤めている」と。

 

朱梨は一緒に拘束されていた小野寺と「今日はありがとう」と握手をしますが、その瞬間怯えて走り出します。雲川が遅れてやってきて、小野寺に「なぜあのとき警察を辞めた?平安と今もあっているのは何故?」と尋ねます。

 

小野寺は答えず立ち去り、朱梨は風早に対して「小野寺さんの目、見覚えがあるんです。15年前両親を殺した犯人!」と叫ぶのでした。

第6話へ続く。

「オクトー」第6話のネタバレあらすじと感想考察!「朱梨が告げた真実に風早驚愕!」

オクトー第5話の感想考察

「オクトー」第5話の感想と考察です。

20代女性
20代女性

個人的に、これまでに1度も葬儀場に立てこもるシーンなんて見たことがなくて、不謹慎だと弁えながらも物珍しさから高揚してしまいました。

 

鬼気迫る凄まじい気迫に押され、まさしく一触即発と言ってしかるべき状況に心底恐ろしさを抱きつつ、一方では院長の死にどんな秘密が隠されているのか気になって仕方がなかったです。

 

このような弔いの場に相応しくない状況を作り出さねばならなかった経緯も含め、いつにも増して謎の量がとんでもないなと思いました。

30代女性
30代女性

華麗な一族はだいたい複雑で財産で揉めて家族仲が良くないんだなと思いました。その中でも秘書の潮田昴は、とても望月暁子のことを思っているように見えました。

 

望月暁子も潮田昴のことを信頼していたみたいだから、遺言書で潮田昴に財産の半分を渡すと書かれていても納得でした。

 

そんな感じだから本当に殺人だと思っていたら、本当は殺人ではなく心不全で間違いなく、事件を起こした理由は犯人を捜すのではなく、望月暁子と自分の父親を会わせたくて時間稼ぎをしていたと何とも言葉にできない気持ちになりました。

 

そしてまさか15年前の事件の犯人がすぐそこにいるとはビックリしました。普通だったら気づかないけれど、感情の色が見えるおかげで、犯人だと気づくことができました。本当は見たくはないけれど、犯人の目からの感情の色を覚えていて誰かわかってしまうので、すごいことだなと思います。

 

しかもその小野寺大伍は、雲川幸平と知り合いでした。同期みたいな話し方でしたが、今でも平安衛と会っているということは、平安衛は小野寺大伍から何か情報を得ているだけなのか、それとも犯人と知っているのか、むしろやはり平安衛が黒幕なのかとても気になります。

 

風早涼が葬儀場で心野朱梨が紙を広げていつものをやり始めたときに、今ここでやんのかとツッコんだところが少し面白かったです。グミも持ってきてくれて優しいです。

30代男性
30代男性

まさか葬儀場で立てこもり事件が起こるなんて誰もが予想できなかったでしょう。しかし潮田の動機や心理を聞いていくとなるほどと思いました。全ては愛する父親のため。

 

あんな事件を起こしてしまうくらい父親は暁子を愛しているのがわかったんですね。事件を起こした息子への追及や何らかの反応をもう少し見たかったですね。

 

脇目もふらず暁子の事で泣くだけだったのが少し違和感でした。しかし人はやはり愛や憎悪で事件を起こす事が多いですね。小野寺はどうなんでしょう。動機が気になります。

オクトー第5話のキャスト相関図

「オクトー」第5話のキャスト相関図です。第4話では、風早と平安の関係が明らかになりました。今回は、朱梨の過去が明らかにされそうな気がしますよね。

okuto-kyasutosoukanzu

引用元:「オクトー」公式HP

 

「オクトー」のキャスト一覧です。

  • 心野朱梨:飯豊まりえ
  • 風早涼:浅香航大
  • 雲川航平:山中崇
  • 南条貴広:ニシダ・コウキ(ラランド)
  • 北村聡子:日比美思
  • 心野紫織:松井玲奈
  • 心野陽介:豊本明長(東京03)
  • 甲本祐希:臼田あさ美
  • 平安衛:船越英一郎

 

少しずつ登場人物たちの過去が明らかになっていくオクトー。第5話も期待が膨らみます。

 

オクトー第6話の予想!

オクトー第6話の次回予告と予想です!

 

オクトー第6話では、記憶喪失の華道家に殺人容疑がかかります。さらに、ゴシップ系動画投稿者が絡み、すでに複雑な事件の予感がしますよね。

 

いったいどんな秘密が隠されているのでしょうか。さらに、第5話のラストで発覚した朱梨の両親の事件がどのように影響してくるのか、平安はいったい何を企んでいるのか。オクトーは回を重ねるごとに、謎が膨らんでいきますね!

コメント