オクトー

「オクトー」第8話のネタバレあらすじと感想考察「15年前の2つの事件!関連はあるのか」

「okuto-」dai8wa netabarearasuzitokansoukousatu「15nenmaeno2tunoziken! kanrenhaarunoka」オクトー

「オクトー」第8話は8月25日放送されます。ついに朱梨の追う事件の手がかりがーー?!いよいよ佳境に入ってきた感がありますよね。

 

「オクトー」第8話のあらすじネタバレ、感想考察。相関図、キャストをまとめます。

「オクトー」第7話のネタバレあらすじと感想考察「感情の無い容疑者?!」

オクトー第8話のあらすじ

「オクトー」第8話のあらすじです。

朱梨(飯豊まりえ)と風早(浅香航大)は、暴行容疑で逮捕された大学生・戸田大和(濱田龍臣)の取調べを行う。すぐに被害者との示談が成立し釈放されるにもかかわらず、大和は納得していなかった。朱梨は、大和の目を見て赤い線を描く。赤は、怒りの色。大和は、自分の父親のことを語り始める。大和の父・家長敏則(水澤紳吾)は、15年前に起こった殺人事件の容疑者として指名手配され、現在も行方不明。大和のもとに最近、家長から「近いうちに会いたい」と書かれた手紙が届いたと語る。大和は幼い頃に母を亡くし、父と二人暮らし。大和が6歳の時、父が殺人犯として逮捕された。その後、大和は周囲からひどいいじめに遭ったり、辛い人生を歩んできたという。

朱梨と風早は、家長の事件について調べる。事件が発生したのは、なんと朱梨の両親が殺された事件と同じ日だった。偶然の一致に、不穏なものを感じる朱梨。

事件当時、家長とトラブルがあったとされる庭木元春が浮上するも庭木は3年前に亡くなっていた。庭木の妻・由香子(山田キヌヲ)から事情を聞く朱梨と風早。由香子は、家長と庭木の間のトラブルについては何も知らないと答えるが、朱梨はそんな由香子の目に“後悔”を表す青と紫を見る。由香子の後悔とは、一体何なのか?

犯人が未だに捕まらない15年前の事件。この事件を機に、朱梨と風早は大きな岐路に立たされる――!

参考元:「オクトー」公式HP

「オクトー」第8話では、偶然逮捕した戸田大和の父親の事件と朱梨の家族を殺された事件に関連があるかもしれない事が発覚。2つの事件は繋がっているのかーー?!

オクトー第8話のネタバレ

「オクトー」第8話のネタバレです。

 

平安に指示され雲川を追う風早。雲川は15年前の事件について語り始めます。すると小野寺と頻繁に会っていた人物が平安だと明かされます。2人が薬物横流しに関わったとショッキングな話でした。

 

さらに平安は雲川に罪を擦り付け、内偵として風早を送ってよこしたと。正反対の平安と雲川の間で風早は揺れます。朱梨と風早は、大学の先輩を暴行した大和の聴取に臨みます。大和は父親・家長が犯したとされる罪から悲惨な過去を語ります。

 

家長の事件も15年前、しかも心野家の事件と同じ日でした。後に、家長の消息が判明します。それを大和に会いに行き、話す2人でした。驚きなのは、15年前、殺人事件の後に殺されていたことでした。

 

家長の経営する喫茶店の常連客だった庭木の妻・由香子は聴取で知っていることを話すも、朱梨に見えたのは後悔の感情でした。事件現場近くにいた、喫茶店常連客だった東海林に聞き込みをします。彼の口からは家長と由香子に関する新情報が出て来ました。

 

その後、2人は大和に話を聞きに行きますが、彼の叫びが自分と重なる風早でした。そして風早の中で平安に対する疑いが益々大きくなり、葛藤します。再度、大和に話を聞きに行く風早でしたが、彼の前にやめるよう言って来たのは紗良、庭木の娘でした。そこに朱梨も現れます。

 

そして再度、由香子の聴取をします。すると彼女は夫からDVを受けていて、家長に関する真実を言えなかったと判明します。そんな母親のことを思って紗良も過去に触れないようにしていたのです。

 

自分が言い出せなかったことで、家長が犯人扱いされ、大和の心に大きな傷をつけてしまったと猛省する由香子、隣室では大和が彼女の告白を聞いていました。父親のことを思い、涙する大和を風早は抱きしめます。由香子は聴取で気になることを1つ言っていました。

 

自分より前に家長を訪れていた存在です。その人物とは「近藤龍馬」!2人はこの人物の姿に気づきます。そして犯人が小野寺であるという結論に達するのでした。

 

意を決した風早は自分が東神奈川署に配属された一連の話を朱梨に打ち明けます。15年前の真実を明らかにすると改めて決意し、2人は最終章に向かうのでした。

オクトー第9話に続く。

「オクトー」第9話のネタバレあらすじと感想考察「15年前の秘密がついに!」

オクトー第8話の感想考察

「オクトー」第8話の感想、考察です。

 

30代女性
30代女性

事件が進展してきました。やはり平安衛は怪しかったです。銃を突きつける割にはきちんと素直に話してくれる雲川幸平はいい人だなと思いました。

 

小野寺大伍と平安衛は小野寺大伍が刑事だった時から会っていて、辞めた今も続いているのはやはり怪しすぎます。2人が薬物横流し事件の犯人と見るのが自然だとは思うけれど、何か雲川幸平の裏がありそうで怖いです。

 

15年前の事件はそれだけでなく今回不動産会社の鴨井夫婦殺人事件も起きていて、心野家の事件と同じ日で同じような時間に起きたことで驚きました。

 

捜査していくうちにまさか心野家事件で逮捕されている犯人綿貫猛司が、鴨井夫婦殺人事件の犯人とされる家長敏則の喫茶店にいたとわかり、家長敏則は庭木由香子と一緒にいたということがわかったので、2人とも無実で冤罪だった可能性が出てきました。

 

本当に真犯人は小野寺大伍なのかと気になります。暴力をふるわれていると証言するのも怖い気持ちはわかります。子供を守るためだったのも仕方ないとも思いますが、そのせいで誰かの命が奪われたとしたら後悔しかないと思いつらいなと思いました。

 

また風早涼は自分がスパイしていたことを素直に心野朱梨に話しました。私もとても気持ちが伝わってきました。これでスッキリとした気持ちでお互い家族と向き合い、事件解決に向けて頑張れそうだなと思いました。

20代女性
20代女性

自分の親父が横流しの件に関わっていたなんて重大な事実を受け入れるには相当の覚悟が必要だったことは明らかであり、その親父と真っ向から勝負に挑む決断に踏み切るのも容易ではありません。

 

刑事としてだけでなく、一人の人間として父親の罪を明るみにできるのか否か、これからが非常に楽しみになりました。一方、小野寺と事件がどう結び付いてくるのかも大変気になって仕方がありません。

 

何はどうあれ、いずれは朱梨さんのお姉さんの感情が戻ってくることだけを祈っています。

30代男性
30代男性

すべてのなぞが明らかになろうとしています。冒頭の風早と雲川の緊迫のシーンではハラハラさせられましたがこれで敵は誰なのかようやく分かった事にだいぶスッキリ出来ました。

 

しかし風早としてはどこかで尊敬していた父親を追及しなければいけないと言う苦しみが出来てしまいました。信じていたものに裏切られる辛さが大和の事件をとおして滲みでてきており、かなり人間臭さを感じる事になりましたね。

 

朱梨にすべて話し事件解決に臨む風早の姿はとてもかっこよかったです。

オクトー第8話はすべての事件が繋がって、風早の苦悩がフォーカスされた回でしたね。オクトーは少しずつ最終回が近づいてきて、いったいどのような結末を迎えるのか、楽しみです。

オクトー第9話の予想!

「オクトー」第9話の予想です。

 

 

オクトー第9話では、ついに15年前の事件がメインとなりそうです。薬物横流し、朱梨の両親の殺害、風早の親子対決と一気にストーリーが進展する予感がして見逃せない回になること間違いなしですね!

コメント