オクトー

「オクトー」第9話のネタバレあらすじと感想考察「15年前の秘密がついに!」

「okuto-」dai9wa netabarearasuzitokansoukousatu「15nenmaenohimitugatuini!」オクトー

「オクトー」第9話は9月1日放送されます。第8話での偶然の出会いから、急展開でストーリーが進み目が離せません!いよいよ15年前の事件が濃厚に絡み合う展開になってきましたね。

 

「オクトー」第9話のあらすじネタバレ、感想考察をまとめます。

「オクトー」第8話のネタバレあらすじと感想考察「15年前の2つの事件!関連はあるのか」

オクトー第9話のあらすじ

「オクトー」第9話のあらすじです。

朱梨(飯豊まりえ)の両親が殺された事件の背景に、一体何があったのか――。

朱梨と風早(浅香航大)は、15年前の事件について調べる。

当時、朱梨の父・陽介(豊本明長)は東神奈川署の刑事で、連続婦女暴行事件を追っていた。綿貫猛司(こがけん)が容疑者として逮捕されたものの、証拠不十分で不起訴となり釈放。その後、また同じ手口で女性を殺害する事件が発生する。陽介は綿貫の犯行と確信するが、決定的な証拠がつかめず逮捕できない。署長の平安(船越英一郎)は、正義感が強く職務に真摯な陽介を見守っていた。

そんな折、陽介が妻の彩(柳下季里)とともに殺害された。陽介と彩の殺害現場には、雲川(山中崇)と小野寺(片桐仁)、平安が駆け付ける。

平安が指揮を執る捜査本部では、犯人を綿貫と断定。綿貫を個人的に追っていた陽介の動きを封じようとしたことが殺害の動機とされた。

当時の捜査資料を読んで辛い記憶と改めて向き合い、激しく動揺する朱梨。風早は、朱梨が心配でならない。

朱梨と風早は、東神奈川署にいた元刑事・棚田雅彦(モロ師岡)の事情聴取を行う。棚田は、15年前の陽介を知っているはずだった。しかし、彼は朱梨に質問されても、はぐらかして答えようとしない。朱梨は、彼の目に“恐れ”を表す緑色を見る。棚田が放つ緑色は、どんどん強くなり…。

朱梨と風早は、15年隠されていた秘密にたどり着く。すべてを明らかにするため、風早は平安と対峙する――。

一方、朱梨は、自分と同じように15年前の殺人事件で深い心の傷を負った大和(濱田龍臣)から再び話を聞く。大和の父・家長(水澤紳吾)が犯した殺人の真相とは!?

引用元:「オクトー」公式HP

「オクトー」第9話では、朱梨の両親殺害に隠された秘密が明らかに…?!

オクトー第9話のネタバレ

「オクトー」第9話のネタバレです。

 

15年前の東神奈川署で、朱梨の父が刑事一課で勤務しており、署長は平安、同僚は雲川と小野寺がいました。仲睦まじく働いている様子。

 

朱梨の父・陽介と平安は証拠不十分で起訴できずにいる連続殺人事件の容疑者・綿貫猛司の事件の資料を見ています。

****

現代に戻る。

 

朱梨と風早は15年前の朱梨の両親の殺人事件資料を見ています。朱梨の両親の殺人事件の犯人が綿貫とされた理由は手のひらに×の印がつけられていた為。

 

綿貫は殺害後、手のひらに×印をつけるという犯行を繰り返していたのです。陽介は個人的に綿貫を追っており、動機は口封じとされていました。

 

朱梨は真犯人が小野寺であれば、動機は何かという疑問を持ちます。雲川から「薬物横流しの件の口封じだろう」という情報が。しかし、物証はありません。

 

風早は雲川を疑っていたことを謝罪します。雲川は、陽介が小野寺の薬物横流しを見逃すわけがないと考えていました。陽介が殺され、直後に小野寺は警察を辞職し、小野寺の不正の証拠が消滅していたのです。

 

取調室で、東神奈川署にいた元刑事・棚田の取り調べを行う朱梨。陽介の事を知りたかったのです。しかし、何も覚えていないと言い張る棚田。

 

雲川がカマをかけ、棚田は「陽介は小野寺が薬物横流しをしていたと気づいており、小野寺も陽介に気付かれたことを知っていた」と話します。

 

風早は平安と話をすることにします。薬物横流しは小野寺の仕業で、陽介はそれを知っており、辞めるように言った。しかし、小野寺は聞かず陽介夫婦を殺害、綿貫の犯行に見せかけたことを報告。

 

風早は平安に対して自分の推理を語ります。

 

平安は小野寺に陽介を殺したことを確認し、肯定された。見逃して欲しいといわれ、見逃したのではないか、と。

 

平安はそれに対して「違う」と真実を語ります。本当の所はこうでした。

 

綿貫が犯人であれば、陽介の無念を晴らすことになるため、小野寺の罪を隠蔽した。紫織や朱梨がいつ小野寺が犯人と気づくかもしれないと考え、監視をしていたと。

 

風早はこの件を公表しようとするが、平安は反対。しかし、風早は警察官としての父親を追いかけていたのに、「これでいいのか!」と平安に食らいつきます。

 

平安は家族の思い出を胸に事件を公表する覚悟を決め、記者会見で「事件の隠ぺいをしたのは自分であること、職務を辞すること」を発表しました。

 

朱梨には、いつも紫織のお見舞いに来た時の平安に「罪悪感」を見ていました。「いつか感情に素直に向き合ってください」と平安に告げるのでした。

 

さらに朱梨と風早は東海林隆三を取り調べます。15年前に不動産会社の社長夫婦を殺して、大和の父に容疑を被せ、殺害して埋めたことが判明。

 

その後、平安が知らない何かがあるのではないかと考えた朱梨と風早は小野寺を見つけようと決意しますが、なんと小野寺が自首してきたのです。

第10話・最終回に続く。

「オクトー」第10話のネタバレあらすじと感想考察「直接対決!隠された真実とは…」

オクトー第9話の感想考察

「オクトー」第9話の感想、考察です。

50代男性
50代男性

まだ朱梨の父親が生きていた頃が見れて複雑な気持ちになりました。平安とあんなにいい関係だったのになぜあんなことになってしまったのか、胸が苦しくなりました。

 

そんな中、雲川の存在がとてもいい感じになってきましたね。風早と朱梨のコンビネーションに、クセが強めの雲川が加わって薬物横流しの件を探るシーンは軽快で面白かったです。

 

資料なんてないのに、いかにも資料があるように話す雲川は最高でした。やっぱり小野寺が真犯人のようですね。この先にどんな展開が待っているのか気になります。

50代女性
50代女性

だんだん核心に迫ってきました。心野朱莉(飯豊まりえ)の両親が殺された15年前の事件と風早涼(浅香航大)の父・平安衛(船越英一郎)がどう関わっているのか?

 

今まで見てきて、平安衛が犯人に加担していると思っていましたが、どうも違ったようです。平安は真犯人は分かっていたにも関わらず、守りたかったもの、全ては組織の為に隠蔽した事件でした。

 

今の警察の中にも、同じようなことがあり得るのだと思うと、正義とは何なのか?誰を信じていいのか?疑問に残ります。

 

風早涼の正義と父・平安衛の正義、それぞれの正義は重ならないが、やっと本気でぶつかって親子になれた気がします。

 

これから心野朱莉は、真犯人・小野寺大伍(片桐仁)とどう対峙していくのか、楽しみです。

とうとうラストへ向けて、それぞれの家族との向き合い方も決着をつけるときがやってきてしまいます。楽しみですが、風早と朱梨のコンビが見られなくなると思うと…早くもロスになりそうです。

コメント