押しが武道館いってくれたら死ぬ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」のスタッフ・キャスト、あらすじまとめ

matumurasayurishuen 「oshigabudoukanitte kuretarashinu」 sutahhu/kyasuto arasuzimatome押しが武道館いってくれたら死ぬ

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」に出演されているキャスト・スタッフについてまとめていきます。マイナー地下アイドルを全力で応援する熱狂的なファンの姿を描く、ドルオタ青春コメディです。

 

主演は元乃木坂46の松村沙友理さんです。スタッフは、監督は大谷健太郎さんと北川瞳さんと高石明彦さんです。脚本は本山久美子さんです。

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」スタッフについて

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」のスタッフですが、監督は大谷健太郎さんと北川瞳さんと高石明彦さんです。大谷健太郎が担当した作品は、「NANA」やPVの制作でEXILEさんの「ただ、逢いたくて」など担当されています。

 

北川瞳さんの過去に担当作品は「恋なんて本気でやってどうするの」があります。最後に高石明彦さんが過去に担当していた作品は「ハニー・トラップ」や「恋なんて、本気でやってどうするの?」があります。

 

次に、脚本は、本山久美子さんです。過去の担当していた作品は「ラブファントム」や「家伝侍」や「私(あたい)のエレガンス」などを過去に担当されています。

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」キャスト一覧

  • えりぴよ/松村沙友理・元乃木坂46
  • 五十嵐れお/中村里帆
  • 松山空音/MOMO・@onefive
  • 伯方眞紀/KANO・@onefive
  • 水守ゆめ莉/SOYO・@onefive
  • 寺本優佳/GUMI・@onefive
  • 横田文/和田美羽
  • 市井舞菜/伊礼姫奈
  • 基/豊田裕大
  • くまさ/ジャンボたかお・レインボー

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」主要キャスト

主演は元乃木坂46の松村沙友理さんです。地元・岡山のマイナー地下アイドル・ChamJam「チャムジャム」のメンバー、市井舞菜・伊礼姫奈に人生の全てを捧げている熱狂的なアイドルオタクを演じています。

 

収入の全てを推しである舞菜に貢ぎ、自らの服装は高校時代の赤ジャージのみという徹底ぶりです。24時間推しのことを想い、声の限りを尽くして推しの名前を叫ぶその姿は、いつしか伝説と呼ばれるようになり、オタク仲間からも一目置かれる存在となっていました。

 

松村沙友理さんは元々乃木坂46のメンバーで初期からのメンバーで昨年2021年まで乃木坂46のメンバーでご活躍しており、6月に卒業されました。

 

また女優業やバラエティでもご活躍されていますが今年の2022年6月にアパレルブランド「LANTINAM」を立ち上げ、ブランドディレクターを担当しています。

 

ま「た推しが武道館いってくれたら死ぬ」が連ドラ初主演作になっています。初の連続ドラマということもありかなりの意気込みで挑んでいます。作品に愛を一心に注いで素敵な作品を作り上げるとの事です。

 

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」その他の主要キャスト

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」主人公のえりぴよの推し市井舞菜役は伊礼姫奈さんです。内気でシャイな性格の舞菜は、単推「一人のメンバーを一途に応援することです」してくれるえりぴよを認知していながらも、緊張のあまり 塩対応してしまう日々を過ごす役を演じています。

 

伊礼姫奈さんは2006年から4歳で女優業をスタートしています。2016年の「とと姉ちゃん」で主人公の妹役でレギュラー出演をされています。

 

伊礼さんが過去に出演されていた作品は、「花燃えゆ」や「とと姉ちゃん」や「義母と娘のブルース」や「家政夫のミタゾノ」「TO KYO MER〜走る緊急救命室〜」などに出演されています。

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」その他のキャスト

「推しが武道館いってくれたら死ぬ」の主要キャストの周りでドラマを盛り上げるキャストの中にくまさ役のジャンボたかおさんがいます。くまさは30代半ばの太り気味で眼鏡を着用した男性です。元は会社員でしたがファン活動に時間を割くためにフリーターをしています。

 

ChamJamの野外ライブで主人公のえりに声をかけアイドルファンになるきっかけを与えています。ジャンボたかおさんは芸人として色々なバラエティでご出演されていますが、今作ではファンに愛されるくまさを一生懸命演じますとコメントされています。

 

 

コメント