ファーストペンギン

「ファーストペンギン!」原作ネタバレとドラマ最終回の結末予想「脚本は森下佳子!」

「fwa-sutopengin!」 gensakunetabare doramasaishuukainoketumatuyosou 「kyakuhonhamorishitayoshiko!」ファーストペンギン

2022年の秋ドラマ「ファーストペンギン!」が10月から放送開始。主人公・岩崎和佳役を民放GP帯初主演の奈緒さんが演じます。今作は、原作なしの実話を元にしたリアル・サクセスストーリーです。

 

「ファーストペンギン!」の原作はあるのか、脚本家情報、あらすじ、ドラマの最終回・結末予想をまとめました。

 

「ファーストペンギン!」に原作はあるのか!

「ファーストペンギン!」の原作情報をまとめます。

 

 

ドラマ「ファーストペンギン!」に、原作はありません。森下佳子さんが脚本を手がける、オリジナルストーリーとなっています。

 

また、今作は「坪内知佳さん」の奇跡の実話が元となっているストーリーです。そんな坪内知佳さんの紹介をします。

 

坪内知佳さんのプロフィール

  • 2歳の男の子を育てるシングルマザー(2009年)
  • 1人の漁師に出会い「漁業の世界」へ(2010年)
  • 「萩大島船団丸」を設立し、代表に就任(2011年)
  • 法人化し、株式会社GHIBLIの代表取締役就任(2014年)
  • 日経WOMANにて選出される、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2014 キャリアクリエイト部門を受賞(2014年)

 

上記の経歴を持つ女性です。

 

1人の漁師に出会ったことで、人生が大きく変化した坪内知佳さん。この実話がどこまでドラマで再現されるのでしょうか?気になるところですね。

「ファーストペンギン!」の脚本家は森下佳子さん!

「ファーストペンギン!」の脚本を手がける、森下佳子さんについてまとめます。

 

2000年ドラマ「平成夫婦茶碗」にて、脚本家デビューを果たしています。その後、様々な作品の脚本を手がけています。

 

森下佳子さんが脚本を手がけた主な作品

  • ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」
  • ドラマ「JIN-仁-」
  • ドラマ「とんび」
  • NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」
  • ドラマ「天皇の料理番」
  • NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」
  • ドラマ「義母と娘のブルース」
  • ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」
  • 映画「花戦さ」
  • 映画「大河への道」

 

など様々な作品があります。

 

また、これだけの話題作を手がけている森下佳子さんは、様々な受賞歴があります。以下に受賞歴をまとめます。

 

森下佳子さんの受賞歴

  • ザテレビジョンドラマアカデミー賞 脚本賞
  • 第42回「世界の中心で、愛をさけぶ」
  • 第63回「JIN-仁- 第1期」
  • 第69回「JIN-仁- 第2期」
  • 第80回「ごちそうさん」
  • 第85回「天皇の料理番」
  • 第98回「義母と娘のブルース」
  • 第32回向田邦子賞 「ごちそうさん」
  • 第22回橋田賞
  • 第41回日本アカデミー賞 優秀脚本賞 「花戦さ」

 

ドラマから映画まで、これだけの受賞作品がある森下佳子さん。期待は高まりますが、評判はどうなのでしょうか。

 

 

様々な話題作の脚本を手がけているだけあり、評判も良く、森下佳子さんの脚本作品を楽しみにしている方が多いようです。「ファーストペンギン!」も楽しみですね。

「ファーストペンギン!」のあらすじ

「ファーストペンギン!」のあらすじをまとめます。

 

 

家もお金も仕事もない、人生どん底のシングルマザーである主人公・岩崎和佳は、ホテルの仲居として働き始めます。

 

そんなある日、宴会に参加していた漁師の片岡洋に出会い、片岡は和佳の機転を認め、「漁船団の立て直し」を頼み込みます。それをきっかけに和佳は、無縁だった「漁業の世界」へ。

 

全くの素人だった和佳は、頑固な漁師たちと衝突しながらも、素人だからこその大胆な提案で、周りを巻き込んでいきます。漁師たちと共に夢を追う和佳が、「漁船団の立て直し」のため、奮闘します。

 

全くの素人と頑固な漁師たちとの関わり方が気になるところです。また、実話では夢を実現していますが、ドラマではどうなるのでしょうね。

「ファーストペンギン!」最終回の結末予想

「ファーストペンギン!」の最終回・結末の予想をまとめます。脚本家・森下佳子さんは、公式HPにて以下のようにコメントしています。

 

脚本家:森下佳子さんのコメント

「日本の漁獲量の低下、漁師さんの減少、世界的な食糧危機の予測もある。今ここで変わらなければ、気軽に刺身もお寿司も食べられなくなる、私たちには超アンウェルカムな未来が待っているかもしれない……。坪内さんたちのビジネスは結局はそこをどうしていくかにもつながっていくのだと理解したとき、私はかなり大事なお話を伝える役割を預かったのだ、と、やっとこさ気がついたのでした。」

(引用元:ファーストペンギン!|日本テレビ (ntv.co.jp)

 

このコメントから「漁船団の立て直し」だけではなく、「日本の漁獲量の低下・漁師さんの減少・世界的な食糧危機の予測」についても触れていくのではないかと考えます。

 

そのため、結末は事業に勢いがついてきた頃、和佳と漁師たちが方針の違いで衝突。事業の勢いが失われます。しかし、衝突したことでお互いの考え・思いを知り、更に団結力が高まります。

 

その団結力で自分たちの夢を、更にその夢の先「日本の漁獲量の低下・漁師さんの減少・世界的な食糧危機の改善」を目指して、再び共に走り出し、未来へ続いていく物語になると私は予想します。

 

実際には、どのような結末を迎えるのでしょうか?放送開始が待ち遠しいですね。

コメント