ロマンス暴風域

「ロマンス暴風域」第5話のネタバレあらすじと感想「民生が選ぶ女性は」

「romansubouhuuiki」dai5wa netabarearasuzitokansou 「tamiogaerabujoseitoha」ロマンス暴風域

「ロマンス暴風域」第5話が8月2日放送されます。せりかを失った悲しみから、なっちゃんがいるにもかかわらず色んな女性と関係を持つ民生。第5話でラストとは信じられない暴れっぷり!

 

「ロマンス暴風域」第5話のネタバレあらすじ、感想をまとめます。

ロマンス暴風域ドラマ第5話のあらすじ

ロマンス暴風域ドラマ第5話のあらすじです。

深まっていくなっちゃん(小野花梨)との関係。不遇な生い立ちと環境に置かれつつも前を向くなっちゃんを見て、民生(渡辺大知)はこれが自分にとって“ちょうどいい幸せ”なのかもしれない、と思い始める。
一方、民生との出会いにより、諦めていた“穏やかな幸せ”を夢見始めたなっちゃん。風俗で民生以外の男性と肉体的に接触する事が出来なくなってしまう。
そんななっちゃんの変化に気付かない民生の心の中には、未だせりか(工藤遥)の存在が大きく影を落としていた。
寂しさを埋めるように寄り添う民生となっちゃんの前に、ついにせりかが現れる。心乱れる民生が再び風俗に癒しを求めると、そこに嬢としてやってきたのは意外な人物で――。
現実に惑い続けた民生が辿り着いたのは、果たして運命の恋なのか。

「ロマンス暴風域」公式HP

 

あまりにも民生の周りがぐちゃぐちゃすぎて、最終回の予測が全くできません!ラストまでに民生の心が安定する日が来るのか!なっちゃんはいったいどうなるのか!心配しかありませんよね(笑)。早く放送が見たいです。

ロマンス暴風域ドラマ第5話のネタバレ

ロマンス暴風域ドラマ第話のネタバレです。

セーラー服のコスプレを着た夏希は店で、激しい咳をしたかと思うと、客を拒絶します。民生は夏希と同棲していますが、夏希と民生は、せりかに会いますが、せりかは民生を見つめて無言で去ります。

 

民生は教員室で辻からバカにされているようで、怒りますが、他の教師になだめられます。民生が帰宅すると、夏希が店の仕事に疲れたと言います。店を辞めたらと民生が言うと、夏希は美顔器の借金が30万あると言います。大丈夫だと言いますが、民生は自分が出すと言い、夏希が大事で、傷つくのを見たくないと言います。

 

夏希は民生に嘘つかないでいい、夏希が馬鹿だと思っているでしょう、でも今の生活を知ったら、もう戻れないと言います。民生が自分のことをバカだと思っても絶対笑わないし、自分も民生を笑わないと言います。夏希は自分が民生の2番目でもいいと言います。民生はホテトル嬢を呼ぶと辻が来ました。辻はチェンジしたらと言い、弱み握ったと思うなと言います。

 

民生は前の彼女も今の彼女も同じだと言います。民生に、彼女を真剣に思うならやめてさせてと言います。辻はいつまでもやれない、腹をくくっているのは、留学するにはお金が要るからと言います。辻は帰ると言いますが民生は、40分1万円を30分延長すると言うと、2人は行為に。

 

辻は予備校をやめるから民生も女と別れた方がいいと言います。民生は彼女と別れてどうすればいいかと言うと、辻は民生に自分と付き合えばいいと言います。バカにしていた男にやられる気分はというと、辻は、やられていないといいます。

 

誰かを見下すことで、自分のみじめさを誤魔化し、傲慢な思い上がりだったと民生は思います。民生が辻のキスを拒否すると辻は怒って帰ります。民生が帰宅すると一人でラーメンを食べると、自分がみじめになったのか、民生は泣きながら食べます。

 

中尾が屋上で絵を描いていると、民生は、ずっと絵が好きなのは難しくないかと問いますが、考えたことがないと言います。民生は理加に会うと、理加は子供が生まれます。

 

理加は運命のような恋、真実の愛もない、でも無償の愛はあると言い、子供には無償の愛を注いでいると言います。民生は、自分が乗り続ける限り目的地はなく、どこに向かっているのか判らなくなると思うのです。帰宅すると夏希がいて結婚しようと民生が言います。夏希は結婚式だけは恥ずかしいからやめようと泣いて民生をハグします。

 

ロマンス暴風域ドラマ第5話の感想

ロマンス暴風域ドラマ第話の感想です。

20代女性
20代女性

せりかちゃんのことを好きでいるのに、その気持ちにケジメをつけられずに別の女性と生活を共にする民生さんは、個人的に誠実さの欠片もない唾棄すべき人間として目に写ってしまいました。

 

しかしながら、人間誰しも心から思っている人と一緒になれるとは限らなくて、それこそ妥協した上で生活を営んでいることも珍しくはないと悟るほかなかったです。

 

ある意味世知辛さから目を背けずに生々しい有様を克明に描いていたのは良かったなと思いました。

50代女性
50代女性

お金のことで風俗に走る女性達と、満たされない思いを抱えて風俗に走る民生、どちらにもどことなく「虚しさ」をにじませているのが気になりました。

 

同じ学校の年配の絵の講師との会話を見ていると、ただ純粋に絵を描く事が好きな人と今までの民生の行動では、大きな隔たりを感じてしまいました。

 

民生はちょっと色々と考えすぎる性格なのかなぁ、絵が好きだけども感性で生きている感じとも違うし、彼はどうしたらもっと生き生きと生きて行けるのか、なっちゃんへのプロポーズは良い選択なのかなぁとちょっと疑問に思いました。

30代男性
30代男性

民生が最後に選んだのがなっちゃんで良かったです。というか安心しました。しかし物語はまだまだ続いていきますがこの先で民生が他の女性に手を出さないでいられるのか少し心配です。

 

でも民生に関わる人はみんな吸い込まれる様に体を重ねていきますね。ある意味すごいと言うか、本当に天性のモテ体質だなと言うのがこの最終話に押し寄せてきてちょっと呆気にとられました。

 

でも同僚との交わりが一番ムズムズしましたね。面白かったです。

 

人間の生き方を考えさせられるドラマでしたよね。見終わる度に、体に力が入っていたのを痛感しました(笑)。人生に迷った時、また見たいなと感じるドラマとなりました。

 

 

ロマンス暴風域の後は「生き残った6人によると」がスタートします。

「生き残った6人によると」のキャスト相関図・スタッフ!「ビジュアルが美しすぎ!」

 

コメント