大阪市立加美中学いじめ事件

坂本健太のFacebook顔画像「襟足長めの髪でピース」大阪市立加美中学校

sakamotokentanofwasebookkaogazou「eriashinagamenokamidepi-su」oosakashiritukamichuugakkou大阪市立加美中学いじめ事件

現在、大阪市立加美中学校で中1の女子生徒がいじめで自殺未遂をした件で、担任・坂本健太(さかもとけんた)教諭の対応が酷すぎることが問題になっています。加美中学校に対して教諭に対する謝罪、処分の嘆願がでるほど。

 

問題の加美中学校坂本先生のFacebook顔画像、写真を調査しました。

 

問題発覚の詳しい経緯を知りたい方は大阪市立加美中学校いじめが暴露!「自殺2件隠ぺいの過去」を参照ください。

大阪市立加美中学校いじめについて電話取材「安心して通ってください!」

田口翔生い立ちが衝撃!「大麻栽培のため阿武町移住」

田口翔弁護士の名前「法律知らない滅茶苦茶な人」

 

坂本健太のFacebook顔画像「襟足長めの髪でピース」

大阪市立加美中学校でいじめられている女児生徒に対して、相談されたにもかかわらず、放置、さらに暴言を吐き自殺未遂に追い込んだ坂本健太(さかもとけんた)教諭。その顔画像や顔写真は現在公開されておりません。加美中学校坂本先生のフェイスブック顔画像を調査しました。

 

「坂本健太」でFacebookを検索すると、96人の坂本健太フェイスブックアカウントがヒットしました。珍しい名前ではないため、多数のFacebook登録があります。

sakamotokentafwasebookkaogazou

 

この中で、大阪市在住、年齢は32歳前後(くわしくは後述します)、教師、など条件の当てはまるアカウントを調べました。

sakamotokentafwasebookkaogazou2

気になるFacebookアカウントを発見しました。出身高校が浪速高校、近畿大学出身で現在大阪市在住のアカウントです。プロフィールにはそれ以外記載されていませんが、アイコンの顔画像は30代に見えます。

 

友達の生年月日を見ると、1991年の方がいました。坂本けんた先生が現在32歳とすると産まれたのは1990年になるため、年齢的にも合致します。投稿されているのは7年前が最後になります。

sakamotokentafwasebookkaogazou3

 

友人と食事中に楽しそうにピースをしています。中学校教師にしては髪が襟足にかかっていて長めの気もしますが、生徒に対して正しい対応をしていない坂本健太教諭であれば、髪型も納得できます。

後述しますが、坂本健太さんは6年前に暴力事件を起こしています。Facebookの投稿も、事件を境に辞めたのだとすればつじつまが合うため、この「坂本健太」フェイスブックアカウントが「坂本健太教諭」と見て間違いないでしょう。念のため、モザイクにて掲載させていただきます。

 

5月15日追記です。

掲載しているFacebook顔画像は本人のものではないと情報提供がありました。現在、坂本健太さんのフェイスブックアカウントは特定できておりませんので、今後も調査を続けていきます。情報提供者様ありがとうございました。

 

加美中学校坂本先生のプロフィール「中1に躊躇なく暴力行為」

大阪市立加美中学校でいじめられた女子生徒に相談されたのを放置、さらに本人、母親に暴言を吐いて自殺未遂にまで追い詰めた坂本健太教諭のプロフィールをまとめます。

加美中学校坂本健太先生のプロフィール

  • 名前:坂本健太(さかもとけんた)
  • 年齢:32歳前後
  • 生年月日:1989年or1990年
  • 職業:中学校教諭
  • 家族構成:不明
  • 住所:不明

 

坂本健太教諭はいじめを受けた生徒に対して放置、暴言によって自殺未遂に追い込んでいます。とてもではありませんが、教師として許されません。経歴を調査すると、坂本健太教諭は過去にも暴力事件を起こしていることが分かりました。

 

sakamotokentabouryokuziken

ほぅ、現在加美中学校の坂本先生よ。63歳の暴力ね。のうのうと生きておられる。
sakamotokentabouryokuziken2
中1女性部員に暴力、頭縫うけが負わす 大阪市教諭を停職
2016年4月27日14:07 共同通信大阪市教育委員会は27日、顧問を務めていたソフトボール部の当時1年の女性生徒にけがをさせたとして私立本庄中(同市東成区)の坂本健太教諭(26)を停職3か月の懲戒処分にしました。当時の男性校長は戒告。同教諭は2月13日、練習試合でミスした生徒に審判用マスクを投げ付け、後頭部を4針縫うけがを負わせました。この生徒を含む部員9人を対象に調査し、こぶしや平手で殴ったりする暴力を少なくとも計63回の暴力したことが判明。
このときも中1の女性生徒に対して頭を4針も縫うけがを負わせています。しかも、部員9人に対して63発のパンチとビンタをしたのです。にも関わらず、たった3カ月の停職で、現在も教諭をしていたために今回の自殺未遂問題が起こってしまいました。被害に遭った生徒は命こそとりとめたものの精神疾患を患っています。辛すぎます。

大阪市立加美中学校いじめが暴露!「自殺2件隠ぺいの過去」

大阪市立加美中学校いじめについて電話取材「安心して通ってください!」

 

大阪市立加美中学校いじめ問題の経緯

大阪市立加美中学校で起こったいじめを発端とする生徒の自殺未遂が人々の目に触れることになったのは、YouTuber「加藤透視」さんによる投稿がきっかけです。

この投稿により、坂本健太教諭、加美中学校に対して一気に注目が集まったのです。

sakamotokenta

加美中学校坂本健太教諭の行動

  • いじめ相談されて数カ月放置
  • イジメの加害者を擁護
  • 事態が進展しないため、生徒と母親が坂本健太教諭と話すと、突如逆ギレ、他の教師に羽交い絞めされるほどだった
  • そのため、生徒は絶望し自殺未遂

 

いじめを放置するのも信じられませんし、母親と生徒との話し合いで逆ギレして暴力を振るおうとしたのです。瞬発的に暴力が出てくるのが坂本健太教諭の人間性と言われても仕方がありません。

 

坂本健太先生のフェイスブック顔画像「女性に恨みがあるのか」

加美中学校坂本健太先生のフェイスブック顔画像が前述したアカウントか再確認のため、再び調査しました。「さかもとけんた」「サカモトケンタ」でFacebookで検索してみます。「坂本健太」で検索したときと比較して、大阪市在住の坂本健太さんFacebookアカウントがヒットしましたが、アイコンの顔画像の年齢が40代に見えます。

 

sakamotokentafwasebookkaogazou4

この坂本健太フェイスブックアカウントは、友達の顔画像は30代のように見えます。しかし年齢を確認できるFacebookアカウントがないため、問題教諭の坂本健太とは言えません。

 

坂本健太教諭は、プロフィールと今回の事件から分かる通り、大変暴力的で衝動的です。もはや中学生女子に恨みでもあるのではないかと感じるほど。もしかしたら、過去に女性から暴力を振るわれていたのはないでしょうか。その恨みを晴らすため、権力を持てる職業についたとしか考えられないくらい、残忍です。

 

ただ坂本健太先生は今回の件が問題になっていることに対して、むしろ疑問の抱いているのかもしれません。過去の坂本健太さんの暴力行為を見ると、ほとんど瞬発的に身体が動いてしまっている印象を受けます。坂本健太さん自身が暴力が当たり前の環境で育ってきたとしか思えません。子供の頃、虐待を受けていたのではないでしょうか。

 

虐待を受けて育った人の特徴

gyakutaiwouketesodattahitonotokuchou

愛着障害、人間関係の構築困難

人を信用することができなくなり、人間関係の構築が上手くできなくなります。また他の大人に対してベタベタ甘えたり、すぐに性的な関係を持ったりと良好な関係を作れなくなります。

非行、攻撃的な性格

尾やから受けた暴力を克服しようとして暴力的な性格になったり、親からの暴力をトラブルの解決方法として学習したためにトラブルが起こった際に暴力をふるったりと、攻撃的な性格になることがあります。攻撃的な性格のまま成長すると、飛行に走ることにつながる場合が多いです。

自己肯定感の欠如

子供は親から愛され慈しみを受けることで、社会や人に対する信頼関係が構築され、共感性や道徳性の発達の基礎がつくられるといわれています。

虐待を受けた子供は、人や社会に対して信頼関係を築くことができずに、自分に自信を持つことができなくなるのです。そのため劣等感や虚無感が強くなり、自己肯定感が低くなってしまいます。

参照:Hanakoママweb

 

坂本健太先生は子供の頃日常的に暴力を受けたため、暴力を学習してしまったのです。教師になってから、暴力防止の研修を受けているにも関わらず何度も繰り返される暴力。これはもはや自分の意思では止められないと本人も諦めているに違いありません。

 

「自分がされてきたことをしているだけだ」と無意識のうちに思っているのでしょう。坂本健太さんはどこまで問題が大きくなっても心の底から謝罪することはないはず。いえ、謝罪などできるはずがないのです。子供の頃殴られていた坂本健太少年が「僕だって謝られていないのになんで?」と断固抵抗を続けるのですから。

 

坂本健太さんには本当の自分を打ち明けられる人もおらず、孤独なのです。暴力を繰り返す前に、自分を肯定してくれる誰かに出会っていたら…と考えずにはいられません。

 

大阪市立加美中学校いじめについて電話取材「安心して通ってください!」

大阪市立加美中学校いじめが暴露!「自殺2件隠ぺいの過去」

田口翔生い立ちが衝撃!「大麻栽培のため阿武町移住」

田口翔弁護士の名前「法律知らない滅茶苦茶な人」

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. より:

    Facebookは同姓同名の別人ですよ。
    出身校も顔も本人と違うから訂正されたほうがいいかと。