親愛なる僕へ殺意を込めて

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の全話あらすじネタバレ!原作の最終回結末も

「shinainarubokuhesatuiwokomete」 zenwaarasuzinetabare! gensakunosaishuukaiketumatumo親愛なる僕へ殺意を込めて

10月スタートの秋ドラマの「親愛なる僕へ殺意をこめて」の主演は山田涼介さんで大学2年生の浦島エイジを演じます。彼女役は門脇麦さんです。連続殺人犯の父を持つ主人公のエイジが二重人格だというサスペンスです。

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の全話ネタバレあらすじ、原作、脚本、原作ネタバレ最終回結末予想をまとめていきます。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」あらすじ

「親愛なる僕へ殺意をこめて」のあらすじです。

 

 

人生楽しければそれでいいと、毎日ヘラヘラ仲間と過ごしている大学2年生・浦島エイジ「うらしま・えいじ」。

 

お気楽な大学生に見えるエイジですが、実の父親が連続殺人事件の犯人ということで、少年時代はいじめやひどい嫌がらせにあうなど、過酷な人生を歩んできました。

 

「連続殺人鬼の息子」ということをまわりにひた隠しにするエイジには、ある愛する人の存在がいました。彼女の名は、雪村京花・ゆきむら・きょうか。

 

京花と過ごす時間だけは嫌なことを忘れ、心から笑うことができたエイジでしたが、ある日、父親が起こした殺人事件と殺害方法(卑劣な拷問)が酷似した猟奇的殺人が起こります。エイジにはその殺人事件が起こったとされる期間の記憶が完全に抜け落ちていて…。

 

その後、さまざまな状況を鑑み、自らが二重人格であることに気付き、「今回の猟奇的殺人を犯したのは、連続殺人鬼である恐ろしい父親の血をひくもう1人の自分なのでは…」という恐怖と不安にさいなまれたエイジ。

 

事の真相を突き止めるべく、意を決して自分探しの旅に出たエイジですが、そこで驚天動地の事実が次々と明らかになっていきます。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の全話ネタバレ

「親愛なる僕へ殺意をこめて」ドラマの最終回までの全話ネタバレは放送以降に追記していきます。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の見どころ

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の見どころは二重人格であることに気づいたエイジが自分のもう一人の自分に何をしているか真相を突き止めて事実を知って恐怖と不安をなくすことができるのかが見どころです。

 

また「親愛なる僕へ殺意をこめて」では切ないラブストーリーも描かれますが、想定をはるかに超えてくる度重なるどんでん返しがあり、一瞬たりとも目が離せないスピーディーな展開が見どころです。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の脚本について

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の脚本は岡田道尚さんです。主な脚本としては「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」・「信長協奏曲」・「マスカレード・ナイト」・「マスカレード・ホテル」などがあります。数々の人気作品を手がかけてられてますので今回も楽しみですね。

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の原作は同名漫画

「親愛なる僕へ殺意をこめて」は原作がヤングマガジンにて2018年から2020年から連載されていました。累計120万部を突破しています。原作は井龍一さん、漫画は伊藤翔太さんです。

 

「親愛なる僕へ殺意をこめて」原作ネタバレの最終回結末予想!

「親愛なる僕へ殺意をこめて」の最終回予想ですが、まず原作では結末が決まっておりますがドラマでどこまで描かれるか不明な部分もあるので原作の内容を含めて予想していきます。

 

浦島エイジは実は本当の人格ではなく本当は凶暴な性格の持ち主のB -と呼ばれる八野衣エイジという人格が本当のエイジでした。浦島エイジは八野衣エイジが生み出した人格でした。

 

殺人鬼の息子として育ってきましたが父親の八野衣真は濡れ衣をつけられた被害者で、真犯人はエイジを養子で引き取った浦島亀一が真犯人にでした。エイジは亀一を追い詰めて銃を向けますが撃たずに、録音した自白を警察に届けて逮捕されました。

 

裁判が始まり、浦島亀一は死刑判決されることになります。

 

コメント