silent

「Silent」全話のあらすじネタバレと原作、最終回結末予想!「結婚して数年たち…」

kawagutiharuna,megurorenshuen 「shent」 zenwanoarasuzinetabare gensaku,saishuukaiketumatuyosou! 「kekkonshitesuusilent

2022年10月スタートの月曜ドラマ「Silent」がスタートします。主演は川口春奈さんで、Snow manの目黒蓮さんとW主演です。「Silent」は、本気で愛した人と音のない世界で出会い直す切なくも温かいラブストーリーです。

 

「Silent」の最終回までの全話ネタバレあらすじと最終回の結末予想についてまとめていきます。

「Silent」のあらすじ

「Silent」のあらすじをまとめます。

 

 

高校2年の秋、たまたま朝礼で耳にしたある男子生徒の声に惹かれたことがきっかけでした。壇上で作文を読む、佐倉想に心を奪われた紬は、次第に彼が気になる存在になっていることに気づきます。

 

3年生で同じクラスとなり、共通の友人を通してだんだんと距離が縮まっていった二人は付き合うことになります。

 

音楽好きというお互いの趣味で通じ合い、仲を深めていった二人でしたが、卒業後のある日、これからも一緒にいたいと思う紬に対し、想は突然、理由も言わずに別れを告げて姿を消してしまいます。

 

それから8年という月日が流れ、新たな人生を歩み始めていた紬でしたが、ある日、偶然、雑踏の中に想の姿を見かけたことをきっかけに、再び彼の存在を意識するようになっていきます。

 

もう一度、想に会ってちゃんと話をしたいと彼の姿を探し始めた紬でしたが、実は彼が徐々に耳が聞こえにくくなる若年発症型両側性感音難聴を患い、聴力をほとんど失っていたという思いがけない現実を知ることになるのです。

 

何も知らずに別れることになり、再会した時には元カレの聴力が失われていたという出だしからして、切ない展開になることが分かりますよね。

「Silent」最終回までの全話あらすじネタバレ

「silent」の最終回までのあらすじとネタバレを記載します。放送開始後随時追記していきます。

「Silent」の見どころ

「silent」の見どころは、高校生時代に付き合っていた二人が8年後に奇跡的に見かけそこから想の病気を知り、現実をどのようにして乗り越えて二人で歩んでいけるのかが見どころと思います。

 

また今回主演の川口春奈さんはデビュー15周年目の節目の作品になってます。今までの演技の経験をもとに今回の作品で青羽紬という一途に高校生時代から想っていた彼氏と病気と向き合っていく一人の女性をどのように演じるのか見どころです。

 

そして、今回佐倉想を演じる目黒蓮さんは、フジテレビの連ドラ初出演です。今回の役は耳が聞こえなくなる病気を患った役になりますので難しい役だと思いますがどんな演技か注目ですね。

「Silent」の原作は

「Silent」に原作はあるのでしょうか。結論から言うと、「Silent」に原作はありません。ドラマオリジナル作品となります。

 

今回「silent」の脚本は生方美久さんです。フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞された新人作家さんです。今回完全オリジナル脚本で抜擢されております。

 

また今回主演の川口さん、目黒さんのお二人も口を揃えて脚本が面白く、次の回の内容が楽しみとおっしゃてるそうです。視聴する側としてこのようなお話を聞くと楽しみになりますね。

「Silent」の最終回結末予想「結婚して数年たち…」

「Silent」の最終回結末を予想していきます。

 

二人は今の現実を受け止め、二人は結婚をするため両親に会いますが紬の両親がいくら高校時代に付き合ってた人でもこれからのことを考えるとやはり耳が聞こえない人に娘の将来を任せるのは不安ということで反対されます。

 

想は紬のことを思いまた高校時代と同じようにひっそりと離れようとしますが紬は同じ経験をしないと心に決めていたので紬は想と一緒に覚えた手話で思いを伝えて、自分の両親にも説得をして二人は結婚することになります。

 

二人は結婚式でこれから何があっても一緒にいると誓い合います。そして数年後、二人の家はとても静かな空間ですがその中で二人はスムーズな手話で会話が弾んでました。

コメント