トモダチゲームR4

トモダチゲームR4第3話のあらすじネタバレ!考察感想と次回予想

tomodatige-mur4 dai3wanoarasuzinetabare! kousatukansoutozikaiyosouトモダチゲームR4

「トモダチゲーム」第3話は8月7日に放送されました。ジャニーズJr.の人気グループが夢の共演ということで話題のドラマです。お互いがどんどん信じられなくなっていき、人間関係が壊れてきた友一たちですが、今後はどうなっていくのでしょう。

 

それでは、「トモダチゲーム」第3話あらすじ・ネタバレ・感想まとめです。

トモダチゲームR4第2話のあらすじネタバレ!考察感想と次回予想

トモダチゲームR4第3話のあらすじ

第3話では第2ゲームの後半戦から始まります。片切友一が「今度は裏切り者が自ら名乗り出る方法が分かった」と言い、全員が動揺します。裏切り者である三笠天智は気が気ではありません。なので疑われないように友一の作戦に賛同するしかありませんでした。

 

友一はそんな天智の意見を聞き、「そんなに言うなら天智からボックスに入ってくれ」と声をかけます。天智はもう「わかった」と一番最初に入るしかありません。そして言われた通りに「トモダチゲームに申し込んだのは三笠天智だ」と書くのでした。

そして全員が順番を終えるとマナブくんは「今回は、暴露は1件だけだったよ」と話しました。天智は焦りました。なぜ、こんなことになってしまったのか分からないという感じです。

 

トモダチゲームR4第3話のネタバレ

3話では暴露すごろくの後半戦が描かれます。2話で天智はみんなの暴露を書き込み、人間関係を完全に壊すことに成功したように見えました。ですが、友一の一言で空気が変わります。それは、「裏切り者が自ら名乗り出る方法を思いついた」というものでした。その方法は、全員が同じ暴露を書くというものです。全員同じ暴露を書き、ただしその暴露に当てはまるのは裏切り者だけという内容のものを書けば誰が裏切り者かわかると言い出したのです。

 

天智は動揺しますが、すぐに「そんな都合のいい暴露なんかない」と言い放ちます。しかし、その条件に当てはまる暴露が1つだけあったのです。それは、「トモダチゲームに申し込んだのは自分だ」という内容でした。これなら当てはまるのは1人だけ、しかも「トモダチゲーム」の運営側は誰が申し込んだのかを分かっている為嘘の証明も必要ありません。

 

いざ、全員の順番が終わってみるとマナブくんが発表した暴露は1件だけでした。天智が「自分が裏切り者」だということが書いてある内容でした。天智は焦ります。そしていつからどうやって天智が裏切り者だとわかっていたのだと問いただしました。

 

友一はゲームが始まってから3つの仕掛けを行っていました。1つ目はそれとなく声をかけボックスの中に入る順番をコントロールしていました。2つ目は自分の味方にするべく暴露ペーパーにメッセージを書き一人一人とやり取りをしていました。

 

どんな暴露を入れるかを指定して裏切り者ではないかを確認していたのです。しかし、暴露は1人で何個も入れることができてしまいます。なので完全に裏切り者ではないとこの方法では確信が持てませんでした。

 

そのため最後の3つ目が必要になってくるのです。一番大胆かつ狡猾な方法、それはみんなのネームプレートを預かるということでした。これにより天智が裏切り者だとわかった友一たちですが、沢良宜志法はあと1マスでゴールしてしまいます。

 

友一は突然「第7ピリオドで嘘をついた」と告白し、人を殺したのは四部ではなく自分だと打ちあけます。運営側が確認したところ友一は確かに3人の人を殺してしまっていました。

 

その事実に四部、ゆとり、志法の心は完全に友一から離れていきました。友一は1人で過酷な第3ゲームに行こうとしますが、その時天智も「志法とは付き合っていなかった」と嘘を打ち明け、友一と共に第3ゲームに飛び込んでいきました。

 

いよいよ第3ゲーム開始!過酷なゲームの内容は?

目を覚ますとそこは何もない森の中の牢でした。そこで水1本だけで72時間過ごしてから3ゲーム目が始まります。その間になぜ天智がこのトモダチゲームに参加することになったかが明かされていきます。

 

天智はなんとトモダチゲーム2回目だったのです。そして、そのことが原因で一番大事な人である父親を失ってしまっていました。天智は志法がすべての元凶だったと思っているようでした。

 

とりあえずは天智を信じることにした友一は次のゲームでは絶対に裏切らないでくれと天智に約束させました。そしてマナブくんから3ゲーム目が発表されます。

 

3ゲーム目は「友情かくれんぼ」です。チームから1人だけ隠れる人を選び相手のチームより先に相手チームの隠れる役を見つけるというゲームです。隠れる人の負担が大きい為、ギブアップボタンというものも用意されており、そのボタンを押してしまうとその時点で負けになってしまいます。

 

友一たちのあいてはKグループで学校の部活仲間で参加しているようでした。しかもKグループは1人も減ることなく3ゲーム目まで来たというとても強い結束力のあるチームです。そのチームを仕切るのは門倉十蔵でした。

 

しかし、その仕切り役本人が隠れる役をやるということで友一たちは動揺します。友一たちのチームは2人でとても不利な状況です。そんな時マナブくんから「1人で3ゲーム目に来ちゃった子を仲間にしてあげて」と提案をされます。友一はその子が女の子であることを確認するとあっさり受け入れてしまいました。

 

そして隠れる役が隠れてから3日、友一は一向に門倉を探す素振りさえみせず、休憩スポットで食べては寝るというように過ごしていました。天智は約1週間まともに飲食をしていません。思わずギブアップボタンに手が伸びてしまいます。

 

トモダチゲームR4第3話の感想考察

とうとう天智が裏切り者だということを炙り出すことに成功しましたね!しかし、そんなことよりも友一のとんでもない過去が明らかになって本当に驚きました。

 

何が原因なのかいつの話なのか、気になることが盛りだくさん過ぎるまま第3ゲームに突入しました。第3ゲームの最初では天智の過去が明らかになりました。その内容もこれまた驚きのないようでした。

 

トモダチゲーム2回目ということ、父親の失踪に志法とトモダチゲームが関わっているであろうということ、全てが気になりすぎる展開でした。

 

第3ゲームではまったく動かない友一に対し天智が少しかわいそうになってしまいます。しかも運営側の人も参戦するなんてわくわくさせられる展開です。

トモダチゲームR4第4話の予想!

友情かくれんぼが本格的に始まります。天智はギブアップボタンを押してしまうのでしょうか。それとも門倉がさきにギブアップボタンを押してしまうのか、もしくは見つかるのか楽しみです。

 

そしてKグループに無事勝つことができるのでしょうか。第4話に続きます。

 

コメント