家庭教師のトラコ

「家庭教師のトラコ」第2話のネタバレあらすじと感想!「嫌いな言葉2つ目は仕方ない」

「kateikyoushinotorako」dai2wa netabarearasuzitokansou! 「kirainakotoba2tumeha shikatanai」家庭教師のトラコ

「家庭教師のトラコ」第2話が7月27日放送されました。前回のラストで、母親のレジから5000円を盗んだ高志の物語が描かれます。

 

「家庭教師のトラコ」第2話のネタバレあらすじ、感想をまとめます。

「家庭教師のトラコ」第2話のあらすじ

「家庭教師のトラコ」第2話のあらすじです。

トラコ(橋本愛)は、智代(板谷由夏)の営む定食屋『万福亭』のレジから息子・高志(阿久津慶人)が5千円札を抜き出すところを目撃。しかし智代に告げ口することなく、高志と2人になると、「君は何が知りたいのかな?」と問いかける。

「何で言わなかったの?」と質問する高志に、「5千円を何に使うか知らないから、まだ」と答えるトラコ。実は高志はいじめっ子たちからカツアゲされていることを知ったトラコは、「一緒に行ってやる」と、高志を連れて課外授業へ出掛けることに。

その頃、息子がいじめらていることなどみじんも知らない智代は、元夫・満男(丸山智己)から「私立に合格しなかったら高志の親権は渡してもらう」と念を押されていた。
高志を連れていじめっ子たちの前に現れたトラコ。説教するかと思えば、ただカツアゲした金を何に使うのか尋ねる。その使い道がスマホゲームの課金だと分かると、「ダメだ、こいつらに金を渡しちゃ」と高志に告げ、さっさと一人で先に帰ってしまう。結局いじめっ子たちに5千円を渡してしまう高志。

店に戻ると、健気に働く智代の姿を見て複雑な思いに…。そんな高志にトラコは宿題を出す。「あの5千円は、本当はどう使われれば良かったのか考えてみようか」。

引用元:「家庭教師のトラコ」公式HP

 

「家庭教師のトラコ」第2話のネタバレ

「家庭教師のトラコ」第2話を見てのネタバレです。

母親の智代が営む定食屋「万福亭」のレジから5千円を盗む高志。家庭教師にやってきたトラコに見られた高志は、てっきりトラコが智代に告げ口する思います。

 

トラコは智代には言わずに、高志にこの5千円の正しい使い方を考えさせます。賢いといつも智代に言われている高志ですが、考えるお金の使い方はありきたりなものばかり。トラコにつまらない答えだと言われ、高志はますますわからなくなります。

 

いじめっ子から自分を助けてくれなかったトラコを辞めさせた高志は、トラコのことをキッカケに智代とケンカをしてしまいます。店のことを悪く言ってしまった高志に思わず、カッとなった智代もまた父親の家に行くよう言ってしまうのです。まだ自分が5千円を盗んだことに気づかない智代に、高志は自分が盗んだと言い残し父親の家に行ってしまうのでした。

 

しかし、そこには辞めさせたはずのトラコの姿があり、高志はまたトラコと勉強をすることになるのです。トラコや父親たちと食事をする高志は、父親にいじめにあっていることを告白します。

 

どうすればいいかと相談する高志に父親の出した答えは無視をすればいいでした。卒業するまでずっと無視をし続けるのは辛いと話す高志に、父親は困りトラコに助け船を求めます。「転校すればいい」言い出すトラコの意見に父親たちも賛同し、高志は転校することになります。忙しい父親に変わって高志の転校手続きに向ったトラコは、担任とクラスメイトたちの前で高志がいじめられていると話します。

 

トラコが学校に来たことで、高志はまた課金3兄弟からいじめられるのです。トラコのせいだという高志を連れ出した先は、不良たちがカツアゲをしている現場でした。そんな不良たちの元に1人で向かったトラコは、あっという間に不良たちをやっつけるのでした。

 

そんなトラコに圧倒される高志の顔を見て、不良たちに自ら殴られて見せます。殴られても怯まずに立ち向かうトラコ。そうこれは高志に自分の力でいじめっ子たちと向き合うことを教えるためのトラコの課外授業なのでした。

「家庭教師のトラコ」第3話のネタバレあらすじと感想考察!「守が本当になりたいものは」

「家庭教師のトラコ」第2話の感想

「家庭教師のトラコ」第2話の感想です。

20代女性
20代女性

5000円の正しい使い方なんて、千差万別としか言いようがないものの、それでも少年にとって正しい答えを自分で導き出せたことを嬉しく思っている次第です。

 

もっとも、お店のお金なのだから、断りも入れずにプレゼントを用意するのは如何なものかと苦笑を禁じ得ません。

 

母親が納得して安堵してくれたから良かったものの、お金を盗んだことに対する根本的な解決には至っていないと思われ、些かモヤモヤした感情が残る結果となりました。

50代女性
50代女性

いつも明るくて元気いっぱいの智代が、トラコに弱音を吐くシーンに、本当は逃げ出したい時もあるんだと胸が苦しくなりました。

 

でもそんなこと高志の前では微塵も見せない智代に、母親の強さを思い知らされました。智代に余計な心配をかけないようにする高志にも感動でした。

 

5千円を盗んだことはいけないことだけど、あらためて今の暮らしが智代にとっても、高志にとっても幸せなんだと気づけてよかったと思います。トラコの嫌いな言葉の3つめが気になります。

30代男性
30代男性

今回は契約する事になった3つの家庭と向き合う訳ですが、キャリーケースにあれだけの服を入れて変装までするのはある意味仕事に対して本気な証拠だしすごいなと思いました。

 

今回は勉強というより、高志のいじめ問題でしたが最終的にはやはり自分で立ち向かうしかないとの事ですね。

 

必ず勝てる訳ではないけど、目を背けずに気持ちを折らずに相手を睨み返せと。そして5000円の答えがいつも自分のために頑張ってくれる母に花束って言うのは泣けましたね。

 

現状に納得できず思考停止していた高志に渇を入れたトラコ。嫌いな言葉「分からない」「仕方ない」に次ぐ3つ目は次回で明かされるのでしょうか。楽しみですね。

コメント