純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第7話のネタバレあらすじと感想考察!「路加の策略」

「junaidhisonansu」dai7wa netabarearasuzitokansou! 「mitikanosakuryaku」純愛ディソナンス

「純愛ディソナンス」第7話は8月25日放送されます。路加の突然の裏切り!実は募らせた恨みがあり…?!いよいよ正樹と愛菜美の間に亀裂が入る予感がしますね!

 

「純愛ディソナンス」第7話のあらすじネタバレ、感想をまとめます。

「純愛ディソナンス」第6話のネタバレあらすじと感想考察「冴か愛菜美か?妻には勝てない?!」

純愛ディソナンス第7話のあらすじ「路加の策略」

「純愛ディソナンス」第7話のあらすじです。

 

コラボ企画の準備を急速に進めてきた正樹(中島裕翔)と路加(佐藤隆太)だったが、路加は記者会見当日に突然、別の不動産会社と組むことを発表し、正樹とモノリスエステート社を陥れた。モノリスエステートの社長であり、正樹の義父である碓井賢治(光石研)は路加の裏切りに激怒し、正樹に路加を潰すよう命じる。さらに、正樹は、路加の企みを事前に知りながらも、自分にそれを伝えなかった妻・愛菜美(比嘉愛未)への不信感を募らせる。

路加は、モノリスエステート社の下請け会社に勤めていた頃、賢治から受けた仕打ちを忘れておらず、復讐の機会を狙っていたことを認める。愛菜美に近づいたのも、そのためだという。そこで、「俺につかないか」と正樹に持ちかける路加…。

一方、慎太郎(髙橋優斗)は、冴(吉川愛)がゴミ箱に捨てた小説を見つけ、冴に内緒で、新人小説コンクールに出す。

そんな折、コアスパーク社でアルバイトをしている冴が正樹の昔の教え子であることを知った北都(和田正人)は、冴を使って路加の会社の内情を調べさせようと賢治に提案する。それを阻止しようと画策する正樹だが……。

引用元:「純愛ディソナンス」公式HP

 

「純愛ディソナンス」第7話では、路加の企てを知っていながら知らせなかった愛菜美に対し不信感を募らせる正樹。急激に深まる夫婦の溝…。

 

ドロドロ感が加速し、夫婦の絆にもヒビが入りそうな展開になってきました。冴と正樹の関係は当初の予想より、はるかに健全なので先の展開が気になって仕方ありません。

純愛ディソナンス第7話のネタバレ

「純愛ディソナンス」第7話のネタバレです。

 

路加がモノリスエステートを裏切ります。過去の件からモノリスに恨みを抱いていたのです。社長の賢治は激怒、そして正樹に路加を潰すように命じます。正樹が路加のところに行くと、逆に自分と手を組まないか?と提案されます。モノリスの悪事を暴く内偵を依頼します。しかし、正樹は拒否。

 

一方、冴が捨てた小説を慎太郎が勝手に投稿すると、一次審査を通過していました。その後、冴と慎太郎は付き合うことになります。

 

北都は正樹と冴の関係を知り、冴を内偵として使おうとします。これにストップをかけ、正樹は代案を申し出ます。この裏では愛菜美と北都も情報取引をしていました。

 

自宅に戻り、不信感を募らせている正樹ですが、彼とは反対に希望に満ちたようなことを次々と話す愛菜美。そして正樹が怒り出します。すると彼女も心の奥底で正樹と冴が繋がっていることに激怒します。結局2人は喧嘩別れします。

 

ある日、シェアハウスに転がり込んで来た冴の母親の静のバッグの中に代金が入っていることを目にしてしまう冴。静の言動が冴の逆鱗に触れます。

 

正樹は愛菜美ときちんと話し合う機会を持ちます。そして離婚届を差し出すのでした。しかし、愛菜美は断固拒否し、その場を去ります。

 

路加は対モノリスに万全の体制をとっていました。若干のほころびが生じ、愛菜美を訪れます。彼女は正樹と別れる事、そして自分の過去を話します。彼女を見ていて自分の過去を思い出した路加は帰ってしまいます。

 

後日、路加を訪れた正樹は、路加の元妻と娘の写真を見せるのでした。家族を巻き込まれたくない路加を追い立てる正樹でした。路加の動きを封じた正樹は賢治の前で愛菜美との離婚を口にします。

 

由希乃の月命日に墓前で春樹と冴が出会います。2人は話し出すと微笑みの絶えない時間を共有することになります。好きでも2人の間にはいつまで経っても乗り越えられない高い壁があると思っている冴は正樹を諦めます。

 

しかし、その時正樹は一緒に壁を乗り越えようと、そして正樹と冴はキスをするのでした。同じころ、一人歩いている愛菜美はひったくりに遭い、道路に倒れ、頭を打ってしまいます。

第8話に続く。

「純愛ディソナンス」第8話のネタバレあらすじと感想考察「ついにふたりは結ばれる?」

純愛ディソナンス第7話の感想考察

「純愛ディソナンス」第7話の感想、考察です。

 

20代女性
20代女性

いよいよ本気を出してきた慎太郎くんがとにかくカッコよかったです。相手が大人の男だろうが怯むことなく正面から牽制していくスタイルは惚れ惚れせざるを得ません。

 

それだけ冴ちゃんのことを大切に想っていることの表れでもあり、その覚悟の強さは数年分蓄積してきたものなのだから、カッコよく見えるのも当然としか言いようがありません。

 

一方、唾棄すべき毒親の冴ちゃんママにはウンザリです。今になってベタベタまとわりついてきて気持ち悪かったです。

30代女性
30代女性

ついに新田愛菜美と新田正樹が口げんかして離婚の話が出るようになりました。碓井賢治にも離婚したいと意思表示できた中で、小坂由希乃の月命日で出会えるのはタイミング的もとても良かったです。

 

ずっとすれ違っていたり無視したりしていたので、きちんと話せてよかったし、久しぶりでも自然な2人の雰囲気が好きです。

 

新田愛菜美は愛に飢えていたのかなと思いました。一生懸命振り向かせようとしているけれど、そのやり方がわからない気持ちは分からなくはないなと思いました。

 

 

どう頑張ってもどこか心でつながっているように見えてしまうのも分かります。そうわかってて結婚までしてしまったからとてもつらかったと思います。

 

それでも人をコントロールするようなやり方や人を傷つけることはしてはいけないと思いました。その新田愛菜美がラストでひったくりに遭い、頭を打ち付けたように見えたけれど、またタイミングが悪いなと思ってしまいました。

 

路加雄介の復讐も新田正樹も協力するかと思ったので、断ったのは意外でした。2人が手を組んで碓井賢治の悪事を暴いてほしいです。

 

また和泉静が大金を持っていることが和泉冴にバレました。何のお金か結局はっきりしないし、和泉静の話を聞いていると話にならなくてイライラモヤモヤします。トラブルは本当に起こさないでほしいです。

30代女性
30代女性

冴が慎太郎に「お願いします」と言って付き合うことを決めたのはきっと正樹のことを忘れるための行動だったんだろうなと思いました。

 

一方で正樹も妻の愛菜美と激しい攻防があり、まさかの離婚しようということにまで発展するとは思いませんでした。

 

比嘉愛未さんの感情がむき出しの演技が恐ろしかったです。本当はピュアな人で正樹のことをきっとすごく好きなんだろうなと思います。

 

正樹が愛菜美と離婚するということは会社も辞めるということにもつながり、彼も人生をリセットしようとしているんだろうなと思いました。

 

小坂先生のお墓参りという思わぬところで再会した2人がとても楽しそうでそれを見ているだけで切なくなりました。いよいよ不協和音を乗り越えてしまうのか気になって仕方ありません!

一気に物語が進展した純愛ディソナンス第7話ですが、急展開にびっくりした視聴者さんが多かったですね。いよいよ次回が楽しみです。

純愛ディソナンス第8話の予想!

「純愛ディソナンス」第8話の予想です。

 

第8話では、いよいよ作品のテーマであるセカンドパートナーが登場!いったいどのように冴と正樹はセカンドパートナーになるかと思っていたのですが、なんと愛菜美からの提案によるものだったのです。

 

絶対離婚に応じたくない愛菜美は、自分のプライドよりも正樹を取るということになるのでしょうか。最終回に向けてどんどん変わっていく人間関係から目が離せません!

コメント