漫画

うるわしの宵の月第1巻あらすじと感想「鈍感な王子同士の出会いに胸キュン」

uruwashinoyoinotuki dai1kanarasuzitokansou漫画

「うるわしの宵の月」はデザートで連載中のやまもり三香先生の大ヒット少女マンガです。滝口宵、市村琥珀の主人公2人のあまりの麗しい姿に、管理人も夢中です。

 

この記事では、「うるわしの宵の月」第1巻のあらすじと感想をお伝えします。

 

うるわしの宵の月第1巻(第1話~第4話)のあらすじ「初めて男に言い寄られる」

うるわしの宵の月主人公・滝口宵(たきぐちよい)は、美しいけれど高身長、男顔、イケメンな性格で周囲から「王子」と呼ばれる高校1年生。もちろん男性との交際経験ナシ。

 

ある日、学校内で飛んできたイケメン男子に顔の美しさをストレートに褒められ、びっくりする宵。イケメン男子と再会し、学校で大人気の「王子」と呼ばれる市村琥珀(いちむらこはく)という存在だと知ります。

 

琥珀も宵のことが最初から気になっており、急速に距離を縮めていく二人。女子扱いされたことがない宵は、どんどん琥珀先輩にときめいていきます。しかし、琥珀先輩は顔が良くて、家はお金持ち、王子と呼ばれるだけあって、女性の影が絶えません。

 

琥珀先輩に対する気持ちが恋とは思えぬまま、気持ちが乱れていく宵。つっけんどんな態度を取ったり、偉そうなことを言ってしまったり、素直になれぬまま少しずつ距離が近づいていくのです。

 

ある日、熱が出てダウンした宵を助けてくれた琥珀先輩。距離がぐんと縮まり、言い寄られるうちに、宵も琥珀先輩を頼るようになっていきます。友人から「琥珀先輩が運命の相手」と言われ、琥珀先輩からも「宵ちゃんが運命の相手」と告げられ、自分の気持ちも分からないのに、勝手なことばかり言われる状態に宵の気持ちはどうにも乱れていきます。

 

そして、なぜか宵の方から「お試しで付き合ってみますか?」という提案を琥珀先輩にしてしまうのです。

 

うるわしの宵の月第1巻の感想「鈍感王子同士の出会いに胸キュン」

うるわしの宵の月第1巻では、なんといっても宵と琥珀の出会いが良いですね。読者からすると、琥珀先輩の完全な一目ぼれ!ですが、まったく当人たちは気づいていないのが最高です。

 

宵も琥珀先輩も、恋愛に超がつくほどの鈍感。自分達の気持ちがまったくわかりません。宵ちゃんは気持ちの優しい、正義感の強い子ですが、これまで大きく気持ちを動かされた経験がなかったのではないでしょうか。

 

他人から求められる「王子」という役を演じ切り、自分の中のかわいい部分をあえて封印しているように見えます。宵ちゃんがここからどう変わっていくのか、見ものですよね。

 

一方の市村琥珀も自分の気持ちがあまり分からないタイプで、周りに望まれるまま生きている感じがします。なんだか宵ちゃんも琥珀先輩も、性格がそっくり。似たもの同士で鈍感な2人だけに、気持ちをしっかり自覚して恋愛が始まるまで、かなりのもどかしい状態が続きそうです。

 

特に琥珀先輩は家庭環境も複雑そうで、本気の恋はまだしたことがない様子。宵ちゃんに対する気持ちも、「美しいな」「めっちゃいい」「気になってる」「どんな顔するのかもっと見せて」と野性的できゅんきゅんします。

 

友人からは性欲と一言で片づけられる琥珀先輩の気持ちですが、そんなことはないと叫びたくまります。何かを欲しがったことがないヒーローが、唯一主人公にだけ感情を掻き立てられる。超王道のラブストーリーなんです。

 

そして、うるわしの宵の月の見所はなんといってもやまもり三香先生の絵の美しさです。前作の椿町ロンリープラネットからちょっと画風を変えて、耽美的な印象に描いていらっしゃいます。今回の美しい二人のもどかしいラブストーリーにピッタリあった画風が素敵の一言。

 

絵が汚いと読めない方にはまさにおすすめなんです。表紙に至っては、毎回美しすぎてため息が出そうになります。次巻の表紙は何色か、想像するのも楽しくなる「うるわしの宵の月」。第2巻ではどんどん宵ちゃんと琥珀先輩の距離が近づいていくのでしょうか。楽しみです!

 

 

 

コメント