大坂府小野優陽ちゃん死亡事件

小野優陽ちゃん両親は別居していた「0歳からDV」大阪府富田林市

onoyuuyouchanryoushinha bekkyoshiteita 「0saikaradv」 584-0000大坂府小野優陽ちゃん死亡事件

大阪府富田林市の集合住宅で亡くなった小野優陽(おのゆうは)ちゃん。祖母の小野真由美容疑者が逮捕されましたが、両親はいったいどこで何をしていたのか、疑問の声が噴出しています。

 

小野ゆうはちゃんの両親、母親、父親、家族構成、死因についてまとめます。

小野優陽父親ツイッターを特定「早く一緒に暮らしたい」大阪府富田林市

 

小野優陽(ゆうは)ちゃんが両親と住んでいない理由は「面前DV」

gyakutaihogozidoudattaonoyuuyouchan

小野優陽(おのゆうは)ちゃんは祖母である小野真由美容疑者と、その内縁の夫・桃田貴徳容疑者に置き去りにされました。両親は一体どこにいたのか、調査しました。

 

小野優陽ちゃんは両親とは住んでおらず、祖母の小野真由美容疑者に引き取られたことが分かりました。小野優陽ちゃんの父親は、2020年1月(優陽ちゃんが0歳のとき)母親に対して暴力を振るい、面前DVに当たる心理的虐待として両親とは別々に暮らすようになりました。

 

祖母である小野真由美容疑者がゆうはちゃんを引き取ったと見られています。しかし、結果的に祖母から放置という虐待を受けて亡くなってしまいました。

 

小野優陽ちゃんは0歳の時から虐待の恐れがあるとして「要保護」と認定されていました。昨年12月虐待レベルが「要支援」に引き下げられましたが、その理由は現時点では明らかになっていません。

 

要支援とは、このままだと手をあげてしまう、子供に酷いことを言ってしまう状態のことです。富田林市は2020年10月以降、一度も家庭訪問をしていなかったというのに、なぜレベルを引き下げたのでしょうか。

 

小野ゆうはちゃん母親「DVで逃げた若い女性」

小野優陽ちゃんの母親について調査しました。現時点で判明しているのは優陽ちゃんが0歳のとき、夫(籍を入れていなかった可能性も)からDVを受けていたことだけです。

 

小野優陽ちゃんが産まれたのは2年前。その時祖母である小野真由美容疑者は44歳です。かなり若い祖母であり、優陽ちゃんの父親である三男もかなり年齢が若いことが容易に想像できます。例えば小野真由美容疑者が16歳から毎年子供を産んでいたとすると、三男は18歳の時の子供で26歳になります。

 

しかし、四男は2年前13歳だったことが分かっていますので、三男も20歳前後だったのではないでしょうか。恋人である優陽ちゃんの母親も同年代か、10代だった可能性が高いです。そのため、小野真由美容疑者が優陽ちゃんを引き取ることになったに違いありません。

 

小野真由美容疑者の三男のDVに耐え兼ねて、赤ちゃんの優陽ちゃんを守る経済力も無かったであろう、優陽ちゃんの母親。泣く泣く優陽ちゃんを小野真由美容疑者に預けたのかもしれません。小野優陽ちゃんの母親について新情報が分かり次第、追記します。

 

7月1日追記です。

小野優陽ちゃんの母親について、掲示板での書き込みを発見しました。

onoyuuyouchanhahaoya

これから晒されるであろう母親の写真は目がでかいプリクラの写真
小野優陽ちゃんの母親は17歳の時に優陽ちゃんを出産し、現在19歳という噂が浮上していました。まだ若い10代で出産し、DVを受けていた小野優陽ちゃんの母親。友人とプリクラを撮る時くらい、可愛い加工をして遊びたかったことでしょう。
小野優陽ちゃんの母親は優陽ちゃんと別居しており、今後顔画像が出てくることはありません。しかし、娘の幸せを願い、祖母に預けたはずがこのような結果になってしまいました。

 

父親は小野優陽ちゃんを「母親に任せっぱなし」

小野優陽ちゃんの父親は、小野真由美容疑者の三男であることが分かっています。しかし、優陽ちゃんを前に母親に暴力を振るったという事実しか現段階では判明していません。

 

三男は自分の子供である優陽ちゃんを母親に任せっぱなしにしていたのでしょう。産後の母親に暴力を振るうような男が赤ちゃんの様子を気にするとは思えません。もしかしたら、あえて接触しないようにしていた可能性もあります。

 

小野優陽ちゃんの父親である三男は、今回の事件を聞いてどう思ったのでしょう。母親を責めたでしょうか、それとも事件のきっかけを作った自分を責めたかもしれません。かなり複雑な小野真由美容疑者の家では、もしかしたら三男が小さい頃から家庭内暴力が存在していたのでしょうか。

追記です。小野優陽ちゃんの父親ツイッターが特定されました。詳しくは小野優陽父親ツイッターを特定「早く一緒に暮らしたい」をご覧ください。

 

家族構成が複雑すぎる小野優陽ちゃん

亡くなった小野優陽ちゃんは、かなり家庭環境が複雑でした。家族構成をまとめます。

onomayumikazokukousei

 

小野優陽ちゃんの父親は、同居していた祖母・小野真由美容疑者の三男に当たります。優羽ちゃんの父親(三男)が結婚していたか。現時点では不明ですが、一緒には住んでいません。

 

小野優陽ちゃんと同居していたのは本人を含めて5人です。

小野真由美容疑者(祖母)=46歳
桃田貴徳容疑者(祖母の内縁の夫)=50歳
小野真由美容疑者の四男(叔父)=15歳
小野真由美容疑者の五男(叔父)=5歳
小野優陽ちゃん=2歳
祖母に当たる小野真由美容疑者は、現在の内縁の夫(桃田容疑者)の間に五男、別の男性との間に4人の男の子を産んでいます。長男~三男が別居しているのは、年齢が大きくなっているためでしょう。
産まれた時から複雑な家庭環境だった小野優陽ちゃん。このように命を落とすことになり、可哀想で仕方ありません。

 

「熱中症が死因だった」小野優陽ちゃん

小野優陽ちゃんの死因をまとめます。小野優陽ちゃんは6月30日司法解剖を受けて、体内の水分がなく脱水状態で、熱中症が死因だったことが分かりました。

 

小野優陽ちゃんの胃の中には固形物が認められず、粘液のみでした。この事から、最後の食事から半日以上経過していたとみられます。

 

たった2歳で、空腹で水分も取れず、食べ物を探しに行くことも出来ず命を落とした小野優陽ちゃん。いったいベビーサークルに閉じ込められて、置き去りにされるほどの何があったというのでしょうか。絶対に許せない事件です。

 

大阪府富田林市・小野優陽ちゃん死亡事件概要

大阪府富田林市で起きた小野優陽ちゃん死亡事件の概要です。

 

  • 6月29日夕方、大阪府富田林市集合住宅で2歳の小野優陽ちゃんが死亡しているのが見つかった
  • 祖母の小野真由美容疑者、内縁の夫・桃田貴徳容疑者が保護責任者遺棄の疑いで逮捕される
  • 2人は6月29日、小野優陽ちゃんをベビーサークルの中に入れ、大阪のユニバーサルジャパンに遊びに行った
  • 5歳になる五男は一緒に連れていった
  • 11時間後、学校から帰った小野真由美容疑者の四男がゆうはちゃんを発見
  • 1時間後、桃田貴徳容疑者が119番通報し死亡が確認された
  • 死因は熱中症だった

 

小野優陽ちゃんが亡くなったのはお昼ごろで、エアコンと扇風機はついていたと言います。2歳にしてベビーサークルに閉じ込められ、苦しくても逃げ出すことも、助けを呼ぶこともできなかった小野優陽ちゃん。

 

痩せこけていて、これまでに祖母の小野真由美容疑者に何度か置き去りにされていたといいます。たった2年の生涯で、どれほどの絶望を味わったのかと思うと、涙が出そうになります。

 

管理人は子どもが2歳くらいの時、歩いて1分の距離のコンビニに「5分行くだけだ」と思って、一人で出かけました。ですが、帰った時子供はギャンギャン泣き叫んでおり、ずっと泣き止むことなく、泣き入りひきつけを起こしてしまいました。その後、怖くて怖くて絶対に子供を置いていけないと思いました。

 

子供にも、管理人がトイレに行くだけで「ママどこ行くの?」という目で見られているような気がして、たまりませんでした。過去に戻れるなら、子供を置いてコンビニにいったあの瞬間に戻ってやり直したいです。

 

小野優陽ちゃんは、何度も置き去りにされて泣きさけびたくなるような思いを味わってきたのです。やりきれなくてたまりません。

小野優陽父親ツイッターを特定「早く一緒に暮らしたい」大阪府富田林市

小野真由美のフェイスブック顔画像を特定か「黒髪の地味な女性」大阪府富田林市

 

コメント